最速ライブレポ

悔しさを笑顔に変えて。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~名古屋編~【I don’t know what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

怒涛のリリイベ週間を終え、今日のBiS1st&BiS2ndは愛知県・名古屋市でのワンマンライブ。

リリイベと違い、2時間弱をフルで使いきる全速力のライブを堪能できるのがワンマンツアー。

荒れ狂う熱狂のフロアと、広いステージで堂々と輝く10人を、これからもずっと観続けていたい。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
朦朧とする程の熱気。BiS1st&BiS2ndのインストアライブを観た~タワレコ渋谷CUTUP STUDIO編~こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 怒涛のリリイベ週間最終日、今日のBiS1st&BiS2ndは東京都・渋谷区...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず更新しています...

会場「ボトムライン」について

今回BiS1stとBiS2ndがライブを行ったのは、愛知県名古屋市「ボトムライン」

キャパは約750人、名古屋市の中心からやや東の今池エリアに位置する名古屋を代表するライブハウス。

ステージは比較的高く、横に広いステージとなっているので後方からでも観やすくなっています。

よしみ
よしみ
真ん中らへんの端っこからでも、望遠レンズがあればメンバーの顔が撮影しやすい

ただ、両端に大きな柱があるため要注意!

栄とはまた違う独特の雰囲気を持ち、今池駅周辺は多くの居酒屋が立ち並ぶ繁華街となっています。

地下鉄からのアクセスもバツグンで、会場周辺には駐車場も複数あるため車で来場する際も非常に便利。

ということで、今回は夜行バスではなく、オタク5人で相乗りしてきました。

往復共に運転手を務めてくださったあおいさん(@_______aoiaoi)、本当にありがとうございます・・・!

この名古屋オタク旅の全貌は、ハッシュタグ「#出発あおい号」をチェック( ˘ω˘ )

近々、第2弾が開催されるとのウワサも・・・?

「ボトムラインの詳細

公式ホームページはこちら

地下鉄東山線「今池」駅3番出口すぐ。地上に上がるとすぐそばにライブハウスがあります。名古屋の中心・栄までわずか3駅、近くにもデニーズやドン・キホーテもあるので時間つぶしには困りません。

BiS2ndのライブ

リリイベ週間を終え、ライブハウスに帰ってきたBiS2nd。

挨拶代わりの「Don’t miss it!!」で、早くもフロア前方はモッシュの嵐。

さらに「パプリカ」「WHOLE LOTTA LOVE」とハードな楽曲を並べ、本領を発揮。

ムロ
ムロ
今日は二回目の名古屋、おかわりです!

7月に名古屋に来た時から更に大きくなったステージで、激しく躍動する6人。

その破壊力は、以前よりも確実に増していた。

そしてここ名古屋は、BiS2ndのエースを担うペリ・ウブの地元

ペリ
ペリ
何かにぶつかったときは、もっと広い目で物事を見ると案外すぐに解決することがあります。私達BiSは・・・笑われたっていい、どうなったっていい。だから絶対一緒に、この世界を変えましょう!

現在進行形、束になって大きな壁に立ち向かっているBiS2ndの6人。

「CHANGE the WORLD」は、そんな彼女達にとっても天地をひっくり返す革命の歌となりうるのだろうか。

そしてステージは暗転し、「世界のペリ・ウブナンバーワン」とアンコールの声援が響く。

再び登場した6人、すると突然キカが自身が作詞した「明日が来るなら」をアカペラで歌い出す。

キカ
キカ
みなさんにも、好きすぎて言いたいことが言えなくなったりすることがあると思うんです。この6人もそうでした。本気で意見をぶつけ合って、そこでペリが「私、この6人が好きなんだ」と言ってくれました。「I LOVE YOU」と言うのは勇気が要るけど、みんなが笑顔になれる。BiSは、自然に生まれる笑顔でみなさんをハッピーにします。I LOVE YOU!

「耐え切れず放つ言葉たち
 大嫌いだったものばかり
 傷つけられるよう仕掛けられてる」

ペリが「いちばん思い入れのある歌詞」と語った、新曲「アゲンストザペイン」の一節。

歌い出しの瞬間、ペリの華やかな笑顔を象徴するかのような黄色く輝く光と一面のひまわりがフロアを埋め尽くした。

 

最後には「BiS BiS」でフロアをひとつにまとめ、BiS2ndのワンマンライブは幕を閉じる。

 

 

 

 

 

BiS1stのライブ

やっぱり私は、BiS1stのワンマンライブが一番好き。

広いステージ、眩い照明の下、汗だくになって激しく躍動する4人の姿。

 

「楽器を持たないパンクバンド」という形容詞も存在するが、BiS1stの場合は4人の生き様そのものがパンクだ。

「Don’t miss it!!」「Primal.」「パプリカ」と続く一連の流れは、単純な激しさだけでは計り知れない迫力を魅せつける。

 

「壊したくなる衝動 永遠など叶わないはずで」

「明日が来るなら」の歌い出し。

声が心に届いたその瞬間、無意識に私の右手はアヤの元へ差し出されていた。

 

自己紹介の場面では、名古屋にちなんで「しゃちほこ」ポーズをキメる一同。

 

 

パン
パン
みんな私よりも大きい声を出してみろーーーーー!!!

パンの絶叫からはじまる、「SOCiALiSM」からの怒涛のラッシュ。

フロアは一瞬にして、灼熱の海と化す。

さらに「Never Starting Song」「Give Me Your Love全部」等、人気のキラーチューンを連続でカマしていく。

キメるところはビシッと締めつつも、時折見える遊び心満載の演出が研究員を飽きさせない。

BiS1stの4人が持つポテンシャルの高さが、計算されつくされたハイレベルなステージを実現させている。

 

とはいえ、BiS1stはまだまだ発展途上。

アヤ
アヤ
メンバーが何度も変わったり、いろいろあって今のBiSがあります。移り変わっていくBiSをみんなは応援してくれて・・・まだ見ぬ仲間をもっと増やしていって、出会いたいと思います。もっと大きな景色を皆さんと観たいです。今日もそうですが、現状ではまだ売り切ることができないライブハウスがあって悔しいです。でも私達は負けないで、全力でやっていきます。

 

まだまだ、こんなもので終わってはいけない。

もっと広い世界をみんなで見るためには、常に世界を変え続けていく必要がある。

4人が魂を込めた「CHANGE the WORLD」は、いつの日か暗闇に包まれたままの未来を切り拓くと信じて。


アンコール明けのMCでは、キャプテンのゴジちゃんが悔しさをにじませながら固い決心を語った。

ゴジ
ゴジ
旧BiSが解散してBiSHが生まれて、そしてBiSが再結成して2年間。未だにずっとBiSHの背中を追いかけているのが惨めだと思う毎日を過ごしていて。それでも、今回のツアーで種を全国に撒いていく中で、それぞれの土地で待ってくれている人が居ることを確かめられました。来年こそは撒いてきた種を開かせて、絶対にこの続きを描きたい。これから先のBiSは、今の私達がつくっていきます。

「時には僕らを突き落とし
 手を差し伸べる仲間がいた
 悔しい日々を
 引きちぎる毎日を繰り返してた」

BiS1stの「アゲンストザペイン」から伝わってきたのは、幾多となく葛藤を繰り返してきてボロボロになった魂からの言葉。

複雑に絡み合った喜怒哀楽すべての表情と歌声が、ダイレクトに心を突き刺してくる。

気付いた時にはファインダーが涙で曇り、感情がくたばってしまう。

 

最後の「BiS BiS」が終わり、アヤがステージを去った後の余韻。

続々と研究員が退場していくフロアの中で、私は膝から崩れ落ちていた。

 

 

 

 

今日のチェキ

現体制になってから、もはや半分くらいの公演でパルプンテしてるような気がする。

今回遠い立ち位置だったのに、指だけでも近づけてくれたアヤほんと好き

そして今回は、ハナ推しのともにーさん(@taeny4132)とアヤハナ連番もしてきた!

前回のアヤハナチェキの時「ちゃんと全部聞き取れなかった」的なことを書いたのを読まれていたからなのか、改めて前回の会話内容を説明してくれるマジメなハナちゃん。

ハナ
ハナ
前髪!持ち上げてみたかったんだー

その反対側で、これ見よがしにと思いっきりイチャつくアヤ。

2018年冬、アヤハナが最もアツい(それはそう)

また、その後ともにーさんの生誕記念で総勢11名によるハナ囲みチェキにも急きょ参加させていただきました!

そして、アヤプリ10日連続チェキチャレンジ8日目!

自分の前に仲の良いオタク(ほとんどアヤ推し以外)をたくさん並べてから撮るという、謎のヲタ芸をカマしてきました。

よしみ
よしみ
アヤプリ推し増殖計画活動の一環

アヤ
アヤ
みんなよしみの友達なんだ!?どこで知り合ったのー?
よしみ
よしみ
全員BiSのオタク仲間やで(それはそう)

割とバタバタしちゃったのもあったので、金欠のためガマンしていたはずのリミッターが案の定崩壊。

いくで。やるで。BiS1st券買い増しや。(デジャヴ)

よしみ
よしみ
今日のアヤの髪形、めっちゃかわいいから思わず買い増ししてもうた
アヤ
アヤ
なんか今日は犬っぽい感じになったよ~(ポーズをとりながら)

アヤーーーーーーーーーーーーー(愛してます)

全国ツアーもいよいよ終盤。BiSのライブ

 

日本全国を周ってきたBiSのワンマンツアー、残すは仙台、広島、大阪、東京の4箇所のみ。

「まだBiSを観たことがないけど、なんとなく興味がある」

「ライブに行きたいけど、ひとりで行くのはちょっと不安」

大丈夫、半年前の私もまったく同じ状況でした。

全国ツアー最終追加日程分のチケットも、現在発売中です

12月24日・大阪でのクリスマスイブは御園ユニバース、そして47都道府県全国ツアーの締めくくりは12月29日のZepp Tokyo。

よしみ
よしみ
当然、私は両方ともパルプンテ参加します

至高の1時間45分、ふたつのBiSが繰り広げられるステージは絶対に見逃せない。

まだ間に合います。

あなたもBiSのライブに参加して、いっしょに世界を変えませんか?

そして、11月14日発売のBiSの新曲「アゲンストザペイン」MVが公開されています。

「アゲンストザペイン」レビュー記事はこちら

あわせて読みたい
【最速レビュー】感情よ、くたばれ。BiS1st&BiS2ndの新曲「アゲンストザペイン」を聴いたこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 現在、47都道府県全国ワンマンツアーを半年以上かけて遂行している「BiS」...

ふたつのBiSが交わり合う新曲は、間違いなく2018年のアイドル史に残る最高傑作。

さらに、第2回BiS.LEAGUEも開幕しました。

「BiS.LEAGUE」詳細はこちら

購入したCD「アゲンストザペイン」に同封の「BiS.LEAGUE券」に記載されているシリアルナンバーを入力すると、あなたの応援したいBiSメンバーに投票ができます。

たかが1票、されど1票。

あなたのその1票が、BiSのメンバーにとって大切な力になるんです。

よしみ
よしみ
当然私は、今回も全票アヤに投票します。

10人による、人生を懸けた「茶番劇」。

どうせなら、全力で楽しんじゃいましょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。