最速ライブレポ

主役を奪い取る。BiS1st&BiS2ndの対バンライブを観た~SET YOU FREE SUMMER FESTA 2018編~

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

今日のBiS1st&BiS2ndは、神奈川県・川崎市でのライブ。

衝撃が走った「あの日」から約半年ぶりとなる、「SET YOU FREE」への出演。

「SET YOU FREE」公式ホームページはこちら

フェス形式となった今回のライブでは、他バンドのファンをも巻き込み魅了した。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
見慣れた景色にサヨナラを。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~渋谷編~【I don’t know what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今日のBiS1st&BiS2ndは、東京都・渋谷区でのライブ。 新曲...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず更新しています...

会場「川崎 CLUB CITTA’」について

今回BiSがライブを行ったのは、神奈川県川崎市の「川崎 CLUB CITTA’」

キャパは約1300人、川崎駅前からすぐ、エンタテイメントの街「ラ チッタデッラ」内にある大型のライブハウス。

個人的には、昨年のシクフェス以来となる箱。

フロアはかなり広々としていて、ステージも高いためどの位置からでも快適にライブを楽しむことができます

また、クラブチッタならではのフードメニューも用意されていました。

思いの外バタバタして時間がなくて、食べられなかったのが残念・・・次こそは!

ライブハウスは川崎駅から近くにあるため、周辺施設はかなり充実。

駅前にはヨドバシカメラもあるので、スマホのバッテリーが切れてもモバイルバッテリーを現地調達できます。安心!

余談ですが、私は↓のモバイルバッテリーを使用しています。遠征にも耐えられてめっちゃ便利

ライブハウス「川崎 CLUB CITTA’の詳細

公式ホームページはこちら

各線「川崎」駅から徒歩5分。ラゾーナ川崎とは反対側の出口です。アクセス抜群、川崎市の中心部なのでなんでも揃ってます。ライブハウスの周りもオシャレな雰囲気でテンションが上がる。

空気を一瞬で支配。BiS2ndのライブ

案の定寝坊して、トップバッターのBiSHを見逃しBiS2ndからの参加

私含めBiS目当てのオタクが多かったこともあり、BiS2ndの出番になると一気にフロアに人があふれ出す。

ライブが始まるギリギリの入場だったため、上手側の端っこ前方8列目くらい?をなんとか確保してスタート。

颯爽と登場した6人、まずは「Primal.」から始まり早速ハートを掴む。


そして、BiS2ndの本領発揮はここから。

「I can’t say NO!!!!!!!」をハードにカマしたかと思えば、久々に「My lxxx」を披露。

フロアは一瞬でワンマンさながらの空気に変貌、6人の歌声と研究員による熱いコールが川崎に響く。


更に激しい猛攻は続く。

「WHOLE LOTTA LOVE」「TiME OVER」と、こちらも人気のロックチューンをブチ込んでくる。


そして、トドメは伝家の宝刀・「レリビ」

フロアの中心には巨大なサークルピットが出現し、「走れー!!」の掛け声で一斉に回り出す研究員達。

ロックバンドさながらの熱い空気をつくりあげた6人は、最後に「BiS BiS」で会場をひとつにしてステージを去っていった。

 

 

 

 

 

BiS以外の出演バンドも熱い

もちろん私が今日ライブハウスに来た最大の目的は、アヤの居るBiS1stのライブを観るため

良い位置で観たかったので、早めに前方を確保してSTANCE PUNKSGEZANの2組も観ることに。

スタパンのライブを観るのは、実は2回目(たぶんカミコベ以来)。

高く拳を突き上げたくなるような熱い音をブチかまし、フロアの心をわしづかみ。

長年ブレずに活動し続けているだけあって、終盤には感極まったダイバーも続出するなど貫禄のライブだった。


そして、BiS1stの出番を待つ研究員の度肝を抜いたのは、私も初めてライブを観たGEZAN

赤い衣装に身を包んだ4人が奏でるのは、時に狂気じみていて心地の良いサウンド。

最初はフシギそうな表情で眺めていた周りの研究員達も、気付いた時にはもう洗脳済み。

すべての演奏が終わる頃には、フロア全体がすっかり彼らの世界観に取り込まれていた。

よしみ
よしみ
めっちゃ久々にぶっ飛んでてカッコいいバンドを知れた・・・!

そのパフォーマンスは、出番直前のBiS1stの4人にも衝撃を与える

新たな音楽との出会いを楽しむことができるのも、フェスや対バンイベントならではの醍醐味。

よしみ
よしみ
特にGEZANはこれからもチェックしていきたい

私達こそが主役だ。BiS1stのライブ

そんな余韻に浸る空気を一変させたのは、我らがBiS1st

ゴジ
ゴジ
本日の全出演アーティストのみなさん、ごめんなさい。BiS1st、勝ちにいきます。

ステージに登場して早々、キャプテンのゴ・ジーラによる宣戦布告。

ロックバンド、ライブハウスを心から愛するゴジちゃんだからこそ放てる、堂々とした言葉からBiS1stのライブは幕を開ける。


もちろん、口だけなんかじゃない。

初手からいきなり「SOCiALiSM」をぶつけてくるあたり、4人の本気度が伝わってくる。

 

手を緩めることなく、すかさず「I can’t say NO!!!!!!!」で熱狂の渦を巻き起こす。


「Fly」アウトロの高音部分、地声で最高値までたどり着くハナちゃんの歌唱力には毎回圧倒される。

「絶対に世界変えるんだ」

数々の世界を変えてきた4人が奏でる「CHANGE the WORLD」で、フロアは多幸感で溢れかえる。

 

「靴ずれした両足で ここに立ってたいんだ」

激しいパフォーマンスから一転、「Primal.」では4人の放つ歌声で心を喰らいつくす。

すると4人は、ステージ中央に向けて一斉に人差し指を差し出す。

そう、はじまる曲はもちろん「BiS BiS」だ。

最後に披露されたのは、新曲「アゲンストザペイン」

この4人の姿こそが、今のBiS1stだ。

前回の初披露であえて写真を撮らなかった分、この日は涙を必死に堪えてファインダー越しにアヤの表情を焼き付けた。


 

いっしょに駆け抜けよう。BiSの全国ツアー

 


4月から走り抜けてきた全国ツアーも、残すはあと1ヶ月半。

次は、長崎・佐賀でのライブです。

また、全国ツアー最終追加日程分のチケットも発売となりました

12月24日・大阪でのクリスマスイブは御園ユニバース、そして47都道府県全国ツアーの締めくくりは12月29日のZepp Tokyo。

よしみ
よしみ
当然、私は両方ともパルプンテ参加します

クリスマスイブの予定が空白な、そこのあなた。

年末に何か楽しいことがないかなぁと探している、そこのあなた。

BiSの10人といっしょに、2018年最高の思い出をつくりませんか?

そしてついに、11月14日発売のBiSの新曲「アゲンストザペイン」MVが公開されました。

「アゲンストザペイン」レビュー記事、後日改めて公開予定です。

ふたつのBiSが交わり合う新曲は、間違いなく2018年のアイドル史に残る最高傑作。

2000枚の数量限定、超豪華な完全限定生産盤も予約受付が始まっています。

よしみ
よしみ
もちろん私も予約してます。急がないと枯れるかも!

乞うご期待(‘ω’)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。