最速ライブレポ

空に響く10人の魂。BiS1st&BiS2ndのインストアライブを観た~アリオ橋本編~

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

今日のBiS1st&BiS2ndは、神奈川県・相模原市でのインストアライブ。

パン・ルナリーフィの地元・相模原でのイベントとなったこの日。

曇天だった空も10人によって青く切り開かれ、清々しい空気が広がっていた。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
主役を奪い取る。BiS1st&BiS2ndの対バンライブを観た~SET YOU FREE SUMMER FESTA 2018編~こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今日のBiS1st&BiS2ndは、神奈川県・川崎市でのライブ。 衝...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず更新しています...

会場「アリオ橋本」について

今回BiSがライブを行ったのは、神奈川県相模原市の「アリオ橋本」

「イトーヨーカドー橋本店」を核店舗に、136の専門店で構成されている相模原市を代表する大型商業施設です。

BiSがライブを行うステージは、フードコートを出てすぐの芝生エリアに設営されていました。

野外の特設ステージなので、ステージの高さがかなり低くなっています。

幸運にも良い整理番号を引けた私は最前列で観ていましたが、とにかくメンバーとの距離がメチャクチャ近い・・・!

今回は様々な角度からライブの観覧ができたので、性能の良い望遠レンズを持っているカメコさんの多くは建物2階のスペースに集まっていました

よしみ
よしみ
自由で開放的な雰囲気こそ野外ライブの醍醐味

また、アリオ橋本はフードコートがかなり充実しており、イベント後にはBiSのメンバーもみんなでごはんを楽しんでいました。

よしみ
よしみ
このタピオカを買いに行ったとき、普通に近くの席でアヤがクレープ食べてたので気付いてないフリして注文するのに必死だった

なおワイ氏、他のメンバーも大集合しておりハナちゃんとは至近距離ですれ違ったものの、チキンなので完全スルーした模様。

BiSのオタク、プライベートでメンバーとエンカウントしても何もできず気付いていながらスルーしがち

アリオ橋本の詳細

公式ホームページはこちら

JR横浜線・相模線・京王相模原線「橋本」駅から徒歩5分。駅ビルも比較的充実していますが、道中はほぼ一本道なのでわかりやすい。みんな大好きタワレコもテナントとして入っています。

緊急事態もみんなで乗り越える。BiS2ndのライブ

上の写真を見てもらうとわかる通り、最前からだと限界まで引きで撮影しても全体が写りきらないほどの近さ。

あいさつ代わりに、新生BiSの代表曲「Don’t miss it!!」からライブはスタート。

至近距離でパフォーマンスをする6人、衣装や髪が風になびく度に香水の香りがダイレクトに広がってくる。

と、ここでまさかのアクシデントが発覚。

2曲目の「twisted grunge」が始まる際、キャプテン・ムロパナコの目から涙が滲んでいることに気付く。

後から聞いた話だと、ステージの低い段差から落下した際に左足首の靭帯を損傷していたとのこと。

かなりの重傷にもかかわらず、最後まで根性で研究員の前に立ち続けるパナコ。

当面は状況を見合わせながらのライブ出演となるものの、彼女なりの背中で引っ張ろうと奮闘する姿を見せつけてくれた。

よしみ
よしみ
できる限りムリはせず、まずはしっかりと完治しますように・・・また元気にステージを走り回る姿を観たい

ライブはそのまま続行し、「CHANGE the WORLD」へ。

間奏では最前列でもヘドバンが起こるなど、会場全体に一体感が広がる。

最後には、新曲「アゲンストザペイン」を披露。

過去との決別ではなく、過去を受け入れ前に進むこと。

6人の勇姿から、強い意志を改めて感じた。

空を切り裂け。BiS1stのライブ

間もなく登場したのは、アヤ率いるBiS1st


前日のSET YOU FREE同様、「SOCiALiSM」からはじまるステージ。

後方フロアでは早くもサークルピットが生まれ、青空の下で狂喜乱舞。

ショッピングモールでのインストアであっても、4人は一切容赦しない。

さらに「I can’t say NO!!!!!!!」とハードな楽曲を続け、BiS1stの真髄を魅せつける。

もちろん、間奏部分での一瞬のナン顔は今日も健在。

BiS1stによるハードな攻めは、まだまだ止まらない。

ライブでは必須のキラーチューン「WHOLE LOTTA LOVE」をカマし、会場の熱狂は天を突き抜ける。

ラストの決めポーズ後、刹那の静寂が訪れる。

「見慣れた景色にサヨナラを」

アヤの歌い出しから始まったのは、新曲「アゲンストザペイン」


ここまでの混沌と熱狂を大きなやさしさで包み込むかのように、4人の魂が青空に広がってゆく。


毎週のように全国各地を靴ずれした両足で踏みしめ、たどり着いた今という時間。

辛いことも、楽しいことも。

彼女達はすべてを受け入れ、まだ見ぬ高い空を目指し続ける。

 

 

 

今日のチェキ

私のTwitter前回の記事をご覧になっているあなたは、おそらく気付いているでしょう。

そうです。一眼レフカメラを買いました(中古で)。

よしみ
よしみ
実は昨日からカメコデビューしてたんやで(ドヤァ)
アヤ
アヤ
やっぱりー!急に写真の画質がキレイになってたからビックリした!

既にツイッターへの投稿でバレてた模様(見てくれててほんとうれしい)

まだこのとき執筆できてなかったセッチューの感想とか、いつも通り他愛もない話をアヤとふたりで。

アヤ
アヤ
(見つめ合って両手をつなぎながら)よしみ、まだ緊張してるのー?
よしみ
よしみ
やっぱ緊張しとるのバレた?そりゃアヤのことが好きやから(震え声)(謎のタイミングで告白)(オタク特有の早口)

3枚目のポーズも完全ノープランだったワイ氏(27)、なぜかしゃがむ。

よしみ
よしみ
結果的にたのしくて良いチェキが撮れたからおk(それはそう)(いつもそう)

~おまけ~

偶然私の近くでライブを観ていたパナコ推しに後姿を激写されてた記念

もりおさん(@MORiO_DESU)、撮影ありがとうございます!

BiSの全国ツアーで最高の2018年を締め括り

 

47都道府県を回ってきた全国ツアーも、残りわずか。

長崎・佐賀でのライブを経て、翌週には長野・山梨でのライブを控えています。

また、全国ツアー最終追加日程分のチケットも発売中です

12月24日・大阪でのクリスマスイブは御園ユニバース、そして47都道府県全国ツアーの締めくくりは12月29日のZepp Tokyo。

よしみ
よしみ
当然、私は両方ともパルプンテ参加します

迷っているヒマなんてない。

少しでもBiSのことが気になる、そこのあなた。

絶対に後悔させないので、一度BiSのライブに足を運んでほしい。

最高の年末をみんなで過ごしましょう。

そしてついに、11月14日発売のBiSの新曲「アゲンストザペイン」MVが公開されました。

「アゲンストザペイン」レビュー記事、後日改めて公開予定です。

ふたつのBiSが交わり合う新曲は、間違いなく2018年のアイドル史に残る最高傑作。

2000枚の数量限定、超豪華な完全限定生産盤も予約受付が始まっています。

よしみ
よしみ
もちろん私も予約してます。急がないと枯れるかも!

乞うご期待(‘ω’)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。