最速ライブレポ

最高の時間を共に。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~盛岡編~【I don’t know what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

今日のBiS1st&BiS2ndは、岩手県・盛岡市でのライブ。

天気が荒れている中、台風をも吹き飛ばす目の覚めるようなパフォーマンスを魅せるふたつのBiS。

間違いなく、「神現場」と言えるような最高のライブだった。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
華々しい至高の祭。BiS1stのワンマンライブを観た~福島編~【I don’t know what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今日のBiS1stは、福島県・郡山市でのライブ。 地元の祭でにぎわう...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず更新しています...

会場「Club Change WAVE」について

今回BiSがライブを行ったのは、岩手県盛岡市の「Club Change WAVE」

キャパは約350人、盛岡市内に3店舗を展開している「CLUB CHANGE GROUP」の1つで、内装もかなりキレイなライブハウス。

ステージの高さはそこそこあって、後方には段差もあるのでどの場所からもライブが観やすい造りになっています。

駅からはやや離れているものの、盛岡市街の中心に位置しているため周辺の施設は充実しています。

駐車場もたくさんあるので、車で来場される場合はかなり便利です。

※ちょっと離れた場所ですが、「喜盛の湯」というキレイなスーパー銭湯もありました


そして盛岡といえば、なんといっても名物の「冷麺」

ライブハウス周辺にも人気店がたくさんひしめいており、嬉しい悲鳴です。

もちろん、私も食べに行きました(‘ω’)ノ

普段足を踏み入れない場所に訪れることができるのも、全国ツアー遠征の醍醐味です。

ライブハウス「Club Change WAVEの詳細

公式ホームページはこちら


JR各線「盛岡」駅から徒歩15分。周辺には、遅くまで営業している飲食店やスーパーがたくさんあるので便利です。

魂を呼び起こすBiS2ndのライブ

前日の郡山では、移動時間の都合で見逃してしまったBiS2nd。

もともと1stだけの予定で、今回も厳しいかなと思ってチケットを取っていなかったものの、いろいろあって結局当日券で無事入場

特典会や夜の1stも控えてるし、2ndはステージ下手側の最後方でゆっくり観よう・・・そのつもりだった。

しかし、いざライブが始まり6人が登場すると、案の定血が騒いでしまう。

3曲目の「パプリカ」では、気付いたらひとりでフルスクワットをはじめているほどフロアの空気に飲み込まれる。

狂った世界観で魅せる破壊力こそがBiS2ndの持ち味、その後も「WHOLE LOTTA LOVE」「SOCiALiSM」「Did not」と猛スピードで熱風を巻き起こしていく。

止まらないBiS2nd、おとなしく観るつもりだと言い放っていた私はどこへやら。

「Give Me Your Love全部」「nerve」「I can’t say NO!!!!!!!」とキラーチューンが続くと、いつの間にか最前付近まで体が吸い寄せられていた。

ペリ
ペリ
私達BiSのことを知らない人にもBiSのことを好きになってもらって、もっと大きくなった姿を見せたいと思ってます。私達にしかできない、精いっぱいの恩返しをさせてください!

かつては末っ子キャラだったペリも、今やBiS2ndのエースとしてチームを引っ張る存在にまで進化した。

絶対に世界変えるんだ、BiSはその事実を身をもって体現し続けている。

カタチが大きく変わってしまっても、10人の根底に受け継がれている「CHANGE the WORLD」の魂は変わらないし、変えることはない。

大きな夢を一緒に観たい。BiS1stのライブ

大荒れの天気予報となっていた盛岡の夜、台風よりも強烈な旋風を巻き起こしたBiS1stの4人。

いつもの通り、「Don’t miss it!!」から開幕する圧倒のステージ。

よしみ
よしみ
アヤのひざ蹴りが好きすぎて永久に観ていられる(支離滅裂な思考・発言)

アヤがBiS1stに移り、「WHOLE LOTTA LOVE」2番Aメロや、「明日が来るなら」の歌い出しなど、今まで別のメンバーが歌っていたパートもアヤの声で聴けるようになった。

こうした細かな変化もツアーの楽しみで、何度もBiSのライブに通いたくなる理由の一つ。


自己紹介を経て、4人は「SOCiALiSM」から再びライブハウスに突風を巻き起こす。

ただ激しいだけでなく、フロアを笑顔で埋め尽くしてくれるのもBiS1stの魅力。

「Never Staring Song」「Did not」はまさにそんな楽曲で、メンバー同士の仲の良さが伝わってくる。

その後も、「Give Me Your Love全部」「nerve」「I can’t say NO!!!!!!!」と人気曲を立て続けに披露し、熱気はピークに達する。

アヤ
アヤ
ライブの時間を一緒に楽しい時間にしたいです。みなさんの人生、いろいろあると思うんですけど、もやもやを変えます!」

言葉に詰まりながらも、自分の言葉で想いを伝えようとするアヤのMC。

そんな不器用でまっすぐなアヤのことを、心から愛してる。

これからもアヤと一緒に、「CHANGE the WORLD」していきたい。

アンコール明けのMCは、パンが務めた。

パン
パン
半年かけて全国を回ってきたこのツアーも、あと2ヶ月で終わり。私達は、(先日発表された)Zepp Tokyoを通過点にできるくらいみなさんときれいな景色を観たい。みなさんと私達でもっと大きな夢を自信を持って掲げたいので、これからもついてきてください!

BiSのワンマンツアーに参加してきて目の当たりにしてきた、たくさんの「最高の景色」。

ひとつひとつ、そのすべての景色が強く思い出に刻まれ、暗く沈んでいた未来を照らしてくれた。

最後に4人が歌う「BiS BiS」を観ていると、毎回これまでの景色と「今」の景色が重なり、感情が強く揺さぶられる。

すべての演目が終わり、BiS1stの4人がステージを降りた瞬間。

幸せだった時間をかみしめるかのように、人前にもかかわらず堪えていた涙が一気にあふれてしまった。

この日のライブは、私の中でも確実に「最高を更新」してくれた。

それでももっと、大きくてきれいな景色をアヤと一緒に観たいと改めて思った。

今日のチェキ

やっぱアヤなんすよ!!!11

アヤ
アヤ
次どうやって撮る~?(手を握って正面からじっとワイの目を見つめる
よしみ
よしみ
(かわいい)(このまま一生アヤを見てたい)(数秒硬直)
アヤ
アヤ
よしみ緊張してるでしょーガハハ

なんかもうアヤのことが好きすぎて日本語の使い方を忘れる(いつものこと)

まだまだ終わらないBiSの全国ツアー

全国ツアーもいよいよ終盤、10月の3連休は愛媛と香川に上陸。

よしみ
よしみ
まだ一部公演のチケットは買えるよ!

また、全国ツアーの最終追加日程が発表されています

12月24日・大阪でのクリスマスイブは御園ユニバース、そして47都道府県全国ツアーの締めくくりは12月29日のZepp Tokyo。

よしみ
よしみ
当然、私は両方ともパルプンテ参加します

2018年、10人が歩んできた軌跡の集大成をみんなで見届けましょう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。