最速ライブレポ

ひとつになった最強の19人。BiS&GANG PARADEの対バンライブを観た~タワーレコード新宿店20周年祭×WACKスペシャルライブ編~

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

今日のBiS&GANG PARADEは、東京都・新宿区でのライブ。

タワーレコード新宿店の20周年を祝して開催された最強の対バンは、秋の夜空を灼熱の炎に変貌させた。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
最高の時間を共に。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~盛岡編~【I don’t what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今日のBiS1st&BiS2ndは、岩手県・盛岡市でのライブ。 天気...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず即日更新してい...

会場「新宿LOFT」について

今回BiSとGANG PARADEがライブを行ったのは、東京都新宿区の「新宿LOFT」。

キャパは約500人、新宿・歌舞伎町を代表する有名な老舗ライブハウス。

仕事を1時間早く切り上げて向かったものの、到着した開場15分前にはすでに人だかり。

よしみ
よしみ
半分くらいは知ってる人でおもしろかった

ステージとフロアの距離はそれなりに近いものの、高さがないため整理番号が悪いとほとんどメンバーの顔が見えないとのこと。

今回それなりに整理番号が良く、下手3列目付近で観ていた私でも、なかなかハードな環境でした。

(というか、今回に関しては圧縮がエグかった・・・)

ただ、段差より後ろのエリアは広々としているので、後ろでもステージをちゃんと観たい場合やカメコさんは後方のが観やすいかも。

その分、より多くのお客さんが入れるようなつくりとなっています。

よしみ
よしみ
誰のライブでもすし詰め状態になりがちな箱なので、ライブハウスならではの空気感が存分に楽しめる

ライブハウス「新宿LOFTの詳細

公式ホームページはこちら

各線「新宿」駅から徒歩8分。歌舞伎町エリアのど真ん中、「タテハナビル」の地下にライブハウスがあります。ホストクラブの看板がいっぱいあってたのしい

初手から完全燃焼。BiS2ndのライブ

超満員の新宿を一番手で切り裂いたのは、BiS2ndの6人。

ツアーでも人気のキラーチューン「WHOLE LOTTA LOVE」「I can’t say NO!!!!!!!」をいきなり繰り出し、あっという間にフロアは燃え上がる。

6人が魅せる白熱のパフォーマンスは、今日も健在。

「Fly」「SAY YES」と、更に激しく研究員と遊び人を煽り続ける。

わずか数分でフロアを汗だくにした、BiS2nd。

一転して、「ロミオの心臓」「gives」と聴かせる曲でその幅広い表現力を魅せつける。

最後はBiSが誇る代表曲「nerve」を披露し、6人は嵐のようなステージを降りた。

最高の団結力。GANG PARADEのライブ

続けて登場したのは、「Enjoy Play みんなの遊び場」GANG PARADE

9人となり生まれ変わったギャンパレの新たな代表曲「GANG2」、更に「Beyond the Mountain」でライブが始まる。

この2曲は、どちらも私にとってかなり思い入れの強い曲。

サキちゃんと入れ替わるようにアヤが抜け、今のカタチとなったギャンパレが歌うからこそ、強く心に刺さる。

しかし、そんな感傷に浸っているヒマなど微塵もない。

「Happy Lucky Kirakira Lucky」「GANG PARADE」と、ギャンパレらしいブチアゲな曲が放たれる。

ひと段落してドクソンが謎のラップで研究員と遊び人を煽り始めたかと思うと、「pretty pretty good」から後半戦がスタート。

そして、次の曲でついに「あの曲」を聴けた。

「冬が来ると思い出すの きっと忘れられない」

まだアヤが居る頃のギャンパレ、去年の今頃狂ったように聴いてた大好きな「Winter Song」

更に「FOUL」と、エモーショナルな感情を呼び起こす名曲が続く。

最新シングル曲「CAN’T STOP」では、両隣の仲間と手をつなぎ一斉にジャンプする幸せな光景がフロア全体に広がっていた。

そして、締めはやっぱり「Plastic 2 Marcy」

ライブハウスにこだまする「まだ足りない!」の大合唱で、最大級の熱狂を生み出したギャンパレのステージは幕を閉じた。

9曲目の「Plastic 2 Marcy」が上記ツイートで抜けていました。申し訳ございません!

史上最強の大トリ。BiS1stのライブ

最強の3マンの大トリを飾ったのは、BiS1stの4人。

開幕早々ハードな「SOCiALiSM」「WHOLE LOTTA LOVE」「I can’t say NO!!!!!!!」と、すでに熱気に満ちたフロアを全力で殺しにかかる。

4人の猛攻はまだまだ続く、「IDOL」「Don’t miss it!!」「Give Me Your Love全部」と容赦なく襲いかかってくる。

湯気が昇るほどの激しい熱気、暑苦しいこの空気こそがライブハウス。

BiS1stの魅力は、4人が魅せる表情の豊かさ。

表面的な「顔の表情」だけではない、歌声や身体の動きすべてを活かして感情を伝えてくれる。

「twisted grunge」「Fly」「Primal.」は、まさにそんなBiS1stのスキルの高さが顕著に表れている。

史上最強の3マンで頂点に立つのは、やっぱりBiS1stしかいない。

最後は「BiS BiS」で会場の魂をひとつにガッチリと固め、最高の対バンライブを見事に締め括った。

今日のチェキ

熱気でアタマを完全にやられてたので、割と意識が朦朧としてました(いつものこと)

アヤ
アヤ
今日のライブどうだったー?
よしみ
よしみ
めっちゃ熱かった(小学生並みの感想)(アヤ愛してる)

6月の大分以降はアヤがいるライブすべてに行けてて、ほぼ週2~3ペースでアヤに会えている。

そのたびにいつも過ごす、あまりにも短すぎるふたりだけの大切な時間。

他の強いオタクみたいに面白いネタチェキもできないし、アヤを喜ばせるようなメチャクチャ面白い話ができるわけでもない。ルックスだって至って平凡。

アヤがどんな感情で私と接してくれてるのかなんて、何度会ってももちろんわからない。

でも、大好きな人に会えるだけで私は幸せ。

よしみ
よしみ
この気持ちは何枚アヤとチェキを撮ってもずっと変わらない

BiSと一緒にライブで幸せを分け合おう

全国ツアーもいよいよ終盤、10月の3連休は愛媛と香川に上陸。

よしみ
よしみ
まだ一部公演のチケットは買えるよ!

また、全国ツアーの最終追加日程が発表されています

1224日・大阪でのクリスマスイブは御園ユニバース、そして47都道府県全国ツアーの締めくくりは12月29日のZepp Tokyo。

よしみ
よしみ
当然、私は両方ともパルプンテ参加します

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。