最速ライブレポ

最高の夏。BiS1st&GANG PARADEのライブを観た~音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2018編~

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

神奈川県三浦市で行われた野外イベント、「OTODAMA SEA STUDIO2018」に行ってきました。

海岸沿いのビーチで一日中開催された「今年最後の夏フェス」で、BiSとギャンパレが久々の競演。

2018年、最高の夏の締め括りをアヤと過ごすことができました。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
続きはもっと大勢で。GANG PARADEのワンマンライブを観た~お台場編~【REBUILD TOUR FINAL】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 いつもBiSばかりな私ですが、今回はGANG PARADEのワンマンツアー...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず即日更新してい...

会場「OTODAMA SEA STUDIO」について

今回BiSとGANG PARADEがライブを行ったのは、神奈川県・三浦市の「OTODAMA SEA STUDIO」

毎年6~9月の4ヶ月にわたって開催されているイベント「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」に、WACK勢が殴り込み。

ビーチで行われている野外フェスですが、ライブステージ自体は屋根つきの特設のハコが用意されています。

ただし、床はそのまま砂浜なので要注意!

また、海水浴場でもあるため、砂浜や海に飛び込んではしゃぐヲタクもたくさんいて楽しそうでした。

ロッカー(出し入れ不可は500円、出し入れ可は1,000円)やフードブースも多く用意されていたので、野外でもかなり快適です。

よしみ
よしみ
WACK勢は特典会も野外だったので最高

「音霊 OTODAMA SEA STUDIOの詳細

公式ホームページはこちら

京急線「三浦海岸」駅より徒歩約5分。坂道を下っていくと、海岸と大きな海の家が見えてきます。

灼熱の砂浜地獄。BiS1stのライブ

この日は1部・2部制となっており、WACKからは1部にEMPiREとBiS2nd、2部にBiS1stとGANG PARADEが出演

せっかくなら通しで観たかったものの、見事に寝坊をカマしたため2部のみの参加となった。

「純情のアフィリア」「ばってん少女隊」に次いで3番手で登場したのは、我らがBiS1st

他のアイドルオタクも一気に取り込む最大のチャンス、それがフェスで与えられる30分の限られたステージ。

BiSの代表曲「nerve」から始まり、瞬く間にホームグラウンドに塗り替えてしまう。

その後も間髪入れず、最新シングル曲「Don’t miss it!!」でパワーを爆発させる。

すべてを圧倒する史上最強のアイドルこそが、今のBiS1stだ。


「最強の4人」は、一瞬たりとも容赦しない。

ゴジ
ゴジ
私達がBiS1stです!!

「SOCiALiSM」「WHOLE LOTTA LOVE」とキラーチューンを連発、更なる狂乱と砂嵐、ヘッドバンギングを巻き起こす。

BiS1stによる激しい猛攻は、まだまだ続く。

先月までツアーでも披露されていた人気曲「Fly」では、間奏で狂気のコールが飛び交いフロアの熱量が最高潮に達する。

そして、名曲「Primal.」を歌い上げて最高の締め括り・・・

の、はずだった。

最後に流れたのは、まさかの「パプリカ」

アヤ
アヤ
みんなでスクワットしましょーーーう!!
ゴジ
ゴジ
もっとできますよねーーー!?

足元が砂浜であろうが、そんなことは一切関係ない。

最後の最後まで、すべてをごっそり奪い去っていくBiS1st。

ぶれない4人が夏の終わりに魅せたは、最高で最凶のステージだった。

最高の夏の大トリ。GANG PARADEのライブ

BiS1stの強烈な爪痕が癒える間もなく、すぐさま始まったGANG PARADEのステージ。

2日前のワンマンの余韻も残る中、「pretty pretty good」「Happy Lucky Kirakira Lucky」と初っ端からフロアを激しく沸かせる。

よしみ
よしみ
やっぱハピラキなんすよ

ハッピーな空気は、そのまま次の新曲「CAN’T STOP」につながっていく。

サビではみんなが両手を挙げ、となり同士で手を取り合って一緒に高く飛ぶ。

そんな「幸せな一体感」が強く印象に残る、ライブでこそ活きるあたたかい曲だと改めて実感できた。

しかし、ここからがギャンパレの真骨頂。

ココ
ココ
平成最後の夏は、GANG PARADEが終わらせます!!

ギャンパレが誇る最強のキラーチューン「Plastic 2 Mercy」で、フロアの一体感は更に高まる。


続く「FOUL」でも、「BODY&9SOUL」の合唱が夜の太平洋にこだまする。

そして最後は、「RATESHOW」で夏の終わりを華やかに締め括る。

最高の夏を魅せた9人を称える「優勝!優勝!」の大歓声が、夏の夜空に響き渡った。

今日のチェキ

ヲタク、砂浜に撮影したチェキを刺してSNSにアップしがち

アヤ
アヤ
今日は月がキレイだよね~
よしみ
よしみ
ほんまや、めっちゃキレイやね(アヤの方がキレイやしかわいいんやで)(それはそう)

多くのヲタクがハイクオリティーなチェキネタを仕込んでいた中、私は相変わらずのノープラン。

でも今は、アヤとなんでもない会話を楽しんでるこの時間が一番好き。

アヤと2人で見る夜の海はどこか切なくて、美しい景色と漣の音が焼き付いた。

イベントもツアーもたくさん。最新のBiSを目撃せよ

夏が終わっても、BiSの熱いライブはまだまだ続く。

今週末は、福島と岩手でのワンマン公演が待っています。

よしみ
よしみ
まだまだチケットは買えるよ!

常に最高を更新し続けるBiS1st&BiS2ndのライブ、どちらも絶対に見逃せない。

明日も普通に仕事なのでさすがに寝落ちします(現在AM4:30)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。