最速ライブレポ

玄界灘に轟く光。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~福岡編~【I don’t know what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

今日のBiS1st&BiS2ndは、福岡県・福岡市でのライブ。

3日連続ライブの2日目、九州最大の都市に広がる景色は壮観だった。

決して疲れを見せない強靭なパフォーマンスは、いつも圧倒される。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
3連戦初日。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~山口編~【I don’t know what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今日のBiS1st&BiS2ndは、山口県・周南市でのライブ。 9月...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず更新しています...

会場「DRUM Be-1」について

今回BiS1st&BiS2ndがライブを行ったのは、福岡県福岡市の「DRUM Be-1」

キャパは約300人、繁華街・天神の中心に位置する、九州ではおなじみ「DRUM」系列の人気ライブハウス。

※今回クロークはありませんでした!申し訳ございません・・・

横長のつくりになっているため、最前列エリアはかなり広くとられています。

フロアに段差があるので後方からもステージは見やすいのですが、前方エリアにも小さい段差があるので激しいモッシュは起きにくい環境でした。

会場は天神エリアから近いので、ライブ前後のラーメンや居酒屋などは選択肢がたくさんあります。

また、目の前に「長浜公園」という大きな公園があるので、ライブ前でも外でのんびり待機することも可能です。

よしみ
よしみ
入場時の整列もここでやってた

ライブハウス「DRUM Be-1の詳細

公式ホームページはこちら

福岡市営地下鉄空港線「天神」駅1番出口から徒歩5分。繁華街のど真ん中にあります。

6人ではじまる新しいストーリー。BiS2ndのライブ

 

6人のダイナミックなパフォーマンスは、広いステージでこそ大きく映える。

横一列に並んでスクワットを行う「パプリカ」は、まさに壮観。

熱量をさらにヒートアップさせ、ライブは「WHOLE LOTTA LOVE」「明日が来るなら」「Human After All」と序盤を走り抜ける。

 

メンバー自己紹介の場面では、ミューとムロの2人がネルのスカートの中にもぐるという謎の行為があった。

普段よりモッシュが激しくなく比較的おとなしいフロアではあったものの、熱い気持ちでBiS2ndのライブに応えていることに何一つ変わりはない。

「Never Staring Song」「Did not」「nerve」では6人と研究員がひとつになり、幸せで満ち溢れる空気を生み出す。

ムロ
ムロ
今、世界を変えるためにムロパナコとしてBiSにいます。みなさんの世界を変えるので、今のBiSを絶対に見逃さないでください!

BiS2ndのキャプテンとしてステージに立つムロの言葉は、一見拙く見えるがいつも芯の通った力強い決意を見せてくれる。

「CHANGE the WORLD」「TiME OVER」「NOT the END」を披露し、本編は終了。

研究員のアンコールに応え、再びステージに登場したBiS2ndの6人。

福岡という地への思い入れを含み、自らが切り開いていく未来への決意をネルが語ってくれた。

ネル
ネル
福岡は(ネル・ムロ・ミューが参加しBiSへの加入が決まった)オーディション合宿のスタート地点。この6人でつくるBiS2ndのストーリーを楽しみにしていてください!

始まりの地・福岡で、今度はBiSの一員として歌う「BiS BiS」

デビューしてわずか3ヶ月半の間、ネル、ムロ、ミューは大きな殻を破り世界を変え続けてきた。

ステージに立つ6人全員がBiSに必要不可欠なピースとして、世界を変えていく根底の原動力となる。

※19曲目の「BiS BiS」は表記ミスで、正しくは18曲目の「NOT the END」で本編が終了しています。申し訳ございません。

4人がもっと幸せな世界に変えていく。BiS1stのライブ

単に「かっこいい」だけじゃない。

4人を観に来たすべての人の世界を一瞬で幸せに変える、それがBiS1stのライブ。

挨拶代わりの「Don’t miss it!!」、ロケットスタートで現体制の完成度を魅せつける。


「Primal.」で魂の歌声を響き渡らせ、間髪入れず「パプリカ」での強制スクワットタイム。

序盤にもかかわらず汗だくでフロアに乗り上げる4人、間近で観ているとすさまじい熱が伝わってくる。

※スクワットしながらの写真撮影はブレッブレになるのであまりオススメしません


激しさを内に秘め歌い上げる「gives」「明日が来るなら」は、先ほどまでとは違うBiS1stのクオリティの高さを思い知らされる。

ゴジ
ゴジ
今だけは頭を真っ白にしてライブを楽しんでください

ゴジちゃんの第一声で始まった「SOCiALiSM」、一瞬にして狂気が広がってゆく。


一転、4人の掛け合いが楽しい「Never Staring Song」ではフロアが多幸感に包まれる。


続く「Did not」「ロミオの心臓」「Give Me Your Love全部」「nerve」でも幸せなオーラはどんどん広がり、最高値を更新してゆく。

ハナ
ハナ
もっともっと成長して世界を変えます。みんなで変えましょう!

BiS2ndのムロ、ネル、ミューとともに、この福岡という地からBiSとしての第一歩を歩み始めた。

激戦のBiS.LEAGUE、新メンバーで唯一BiS1stとして生き残ったハナちゃんは、まさに自らの世界を変えた当事者のひとり。

「絶対に 誰かに届くって 信じてなきゃ何も始まらないんだ」

「CHANGE the WORLD」の落ちサビ、研究員のはるか頭上に立つパンの歌声は、幾多の荒波を乗り越えてきた彼女だからこそ魂に響く。

アンコール明けのMCは、アヤが務める。

アヤ
アヤ
次に来るときはどんな体制かわからないけど、今日よりも必ずみなさんを幸せにできるようがんばるのでよろしくお願いします!

天衣無縫なアヤらしいまっすぐな言葉で、今以上の高みに向けて突き進むことを宣言した。


今の「最強の4人」が歌う「BiS BiS」を聴いていられる時間は、そう長くないかもしれない。

いずれ、現在の体制も変わってしまうだろう。

しかし、4人がステージで魅せる姿は、常に最高値を更新し続ける。

今日のチェキ

福岡といえば、私の好きなバンド「SHIMA」の本拠地!

ということで、ファンにはおなじみの「ザイマス」ポーズをアヤと一緒にやってきました。

※SHIMAメンバーによる元祖「ザイマス」はこちら(参考)

さすがアヤ、キメの表情までカンペキ。

アヤ
アヤ
このポーズ、実はさっきもうひとりやった人いたんだよー!
よしみ
よしみ
ファッ!?

どうやら、わかりてのヲタクが他にもいたらしい・・・!

そして、右の写真のアヤがかわいすぎて

やっぱアヤなんすよ

縦横無尽に駆け回るBiSの全国ツアー

連続でアヤに写真使ってもらえた・・・!!( ;∀;)

(ふたつめのツイートの2枚目)

カメコさんでもない私の写真を大好きなアヤに何度も使ってもらえて、泣きそうになるくらい本当にうれしい。

次週はリリイベをはさんで、再来週は福島と岩手。

よしみ
よしみ
まだまだチケットは買えるよ!

一部チケットの売り切れこそありますが、幸いなことにまだ間に合う公演もあります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。