最速ライブレポ

最高値の足跡。BiS2ndのワンマンライブを観た~高知編~【I don’t what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

今日のBiS2ndは、高知県・高知市でのライブ。

前回の東北シリーズから一転、ついにBiSは四国に上陸しました。

今の6人が本当に好きだと改めて実感させてくれるような、最高のライブを今日もBiS2ndが魅せてくれた。

もっともっと観ていたかった、それでもお構いなしに先へ進んでいくのがBiSの面白いところでもある。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
YUiNA EMPiRE凱旋。BiS2ndのワンマンライブを観た~青森編~【I don’t what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 東北シリーズ2日目は、本州最北端となる青森県・青森市でのライブ。 前...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず即日更新してい...

会場「X-pt.」について

今回BiS2ndがライブを行ったのは、高知県・高知市の「X-pt.」

キャパは約300人、大物バンドも多数ライブを行う、四国でも有数の人気ライブハウス。

ステージの横幅が若干狭くても、かなり奥行きがあって広々とした印象。

最前列の柵とステージの間が若干開いているので、フロアに乗り込んでくるメンバーはややバランスを崩しがち。

ただ、今回は富山以来のほぼ圧縮ナシ現場だったため、前方エリアでもかなり快適にライブを楽しめました。

また、会場は高知市街地のど真ん中に位置しているため、ライブ前後の暇つぶしやごはんには困りません。

ライブハウスと同じ建物にはローソンも入っており、10分ほど歩けば高知を代表する観光スポット「ひろめ市場」にも足を運べます。

よしみ
よしみ
私も特典会終了後にヲタクで集まって行ってきた!めっちゃ混んでたけど、高知名物が気軽にたくさん食べれて楽しかった

付近には安価な駐車場もたくさんあったので、車で遠征される方にとってもかなり優しくて快適です。

ライブハウス「X-pt.の詳細

公式ホームページはこちら

各線「高知」駅から徒歩10分、路面電車及び路線バス「はりまや橋」からすぐの好立地。アンパンマンの石像も近くにたくさんあるので、記念撮影できます。

限られた時間で足跡を刻んできたBiS2nd

ライブ直前の5分前くらいからは、いつだって不思議な緊張感に包まれる。

6月の金沢でスタートを切った新生「BiS2nd」を観て、早3ヶ月。

本数でいうと、今回の高知公演やリリイベ等も含め32本のライブをBiS2ndを刻んできた。

そのうち私は、計29本のステージをこの目で直接焼き付けている。

(ツアー米子、松江、熊本の3本のみ諸事情で行けませんでした。めっちゃ後悔してます)

なのに、6人が現れるまでの数分間は未だに心をかき乱す。

何十回、何百回観たって、アヤがステージに立つ限り、この不思議な感覚が鈍ることは絶対にないだろう。

「gives」で幕を開ける今回の全国ワンマンツアーは、今日もキカの歌声から火ぶたが落とされた。

感情を声に乗せ、全身で魂を表現するラストサビのアヤは圧巻。

大事なパートでは振付を止めてまで歌での表現を突き詰めるアヤのまっすぐな姿勢が、強く胸を打つ。

しかし、ただ「かっこいい」だけがBiSの魅力と片付けるにはもったいない。

合間に行われる6人の自己紹介も毎回楽しみで、先ほどまでの印象とは打って変わってメンバーの「かわいさ」があふれ出る。

こういった素の表情によるギャップもBiSの魅力のひとつであり、ワンマンライブだからこそ楽しめる貴重な時間。

誰かが自己紹介しているときの他メンバーの反応も、見ていて毎回楽しい。

そしてライブは、アヤによる「かつおコール」でそのまま「My lxxx」へ。

変化球のクセがすごい

「明日が来るなら」で私が好きな例のシーン、前回とは逆パターンだった。

その後も怒涛の勢いで進んでいき、あっという間に終盤戦に差し掛かる。

「時間だけはみんな平等で、止まってくれない。だから、前に進むしかない」

「ロミオの心臓」直後のMCで、これからの覚悟が垣間見える強いメッセージをユイナが残してくれた。

「ミステリアスホール」から更にトップギアで突き進む6人の圧力はすさまじく、遠慮なくフルパワーでフロアを殺しにかかってくる。

笑顔と狂気が渦巻き、良い意味で感情をグチャグチャにしてくれる。

「あー今日楽しかったなーってプラスの気持ちを全員に持って帰ってもらって、もっとBiSを広めていきたい」

良い感情も悪い感情も全部ライブでグッチャグチャにぶっ壊して、最終的には笑顔で帰る。

ペリがアンコール明けに語ったような、BiSのライブを観ることでプラスの感情を持つことができる研究員もたくさんいる。

初代BiS2nd、最初で最後となる楽曲のタイトルは「Don’t miss it!!」

今まさに過度期を迎えているBiSだからこそ、あなたにも絶対に見逃してほしくない。

この6人によるBiS2ndのライブを観ることができるのは、あと1回だけ。

ライブというものは、毎回毎回が「その日限り」の大切な時間。

メンバーが入れ替わろうが、セットリストが変わろうが、それはいつも同じこと。

初代BiS2ndが残してきた計33本のライブすべてが、「その日限り」の最高のライブであることに変わりはない。

でも、今のこの6人が観れなくなるのは正直かなり寂しい。

アヤの居るBiS2nd、本当に大好き。

今日のチェキ

前回の青森でのライブ後、以下のツイートをアヤとペリにリツイートしてもらえたんです。

なので、お礼を言うためにアヤペリでのグループチェキをしてきました!

2人に左右から鼻をさすってもらうという謎3ショットチェキが完成。

個別チェキは今日もアヤと撮る。

アヤ
アヤ
高知だから、かつおのポーズで!
よしみ
よしみ
???(見よう見まねで同じポーズ)(かわいい)

しゃべりたいことがたくさんありすぎたのに何もしゃべれてない気もしたけど、アヤがかわいかったから問題ない(?)

ふたつのBiSが見つめるその先

現体制でのライブは、次の徳島が最後となる。

1BiS.LEAGUEによる投票結果が反映される9月2日のツアー岡山公演からは、新体制でツアーが再開します。

よしみ
よしみ
現体制の集大成、絶対に最高の一日になる

一部チケットの売り切れこそありますが、幸いなことにまだ間に合う公演もあります。

10月以降のツアー日程も公開されているので、こちらも要チェック(‘ω’)ノ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。