最速ライブレポ

YUiNA EMPiRE凱旋。BiS2ndのワンマンライブを観た~青森編~【I don’t know what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

東北シリーズ2日目は、本州最北端となる青森県・青森市でのライブ。

前日の秋田に引き続き、BiS2ndは今話題の甲子園にも負けないくらい熱狂させる圧倒のステージを魅せてくれた。

YUiNA EMPiREが幼少期を長く過ごした地でもあり、凱旋企画も行われるなど記憶に強く刻まれる最高の1日となった。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
夏空を燃やす魂。BiS2ndのワンマンライブを観た~秋田編~【I don’t know what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今週からまた全国ツアーが再開、今日は秋田でのライブ。 真夏でも涼しい...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず更新しています...

会場「SUBLIME」について

今回BiS2ndがライブを行ったのは、青森県・青森市の「SUBLIME」

キャパは約100人、今回のツアーでも最小規模となる老舗のライブハウス。

これまでのライブハウスとは一味違う、かなり個性的な箱でした。

まず、楽屋がステージ裏にないため、メンバーの登場や退場は観客も通る出入口を使用。

「モーセの十戒」のようにフロア真ん中に通路を作り、目の前をメンバーが横切っていくという不思議な光景が楽しめました。

フロアやステージの横幅も狭く、メンバー6人がギリギリ横に並べるくらいの広さ。

最前列の柵もないため、前方で観ると臨場感がものすごい。

また、ライブハウスから徒歩10分くらいの大通り沿いにイオンや飲食店が立ち並んでいました。

若干距離はあるものの、ライブ前の時間つぶしには悪くありません。

ライブハウス「SUBLIMEの詳細

公式ホームページはこちら

公式Twitterはこちら:@sublime_aomori

各線「青森」駅から車で約10分、JR青森駅よりバス「観光通り」「八甲田大橋」方面行き乗車、「働く女性の家前」または「みちのく銀行本店」下車。ちょっと歩いたところにファミリーマートがあります。

本州最北端で伝説を残したBiS2nd

暗転したステージ上ではなく、フロアの後方から入場する6人。

キカの第一声とクラップから始まる「gives」で、今日もワンマンライブはスタート。

柵がなくフロアとの距離が異様に近いステージは、BiS2nd自慢の気迫を倍増させていた。

今日のライブは、YUiNA EMPiREの凱旋記念企画も実施された。

「Fly」落ちサビのパートをユイナが歌い始めると、サイリウムの青い光が一面を埋め尽くす。

宮城県出身ながら、幼少期の大半を過ごした第二の故郷・青森という地に帰ってきたユイナ。

「BiS」のファンによってあたたかく迎え入れられたユイナは、MC中も少し照れくさそうな笑顔を浮かべていた。

(前方にいたため、その場面のキレイな写真が上手く撮れず・・・申し訳ございません!)

MCではキカが英語っぽく青森名物をコールしていき、そのまま次の「My lxxx」へ。

超満員となったライブハウスの温度を、一気に燃え上がらせる。

「Not Special」で全身から絞り出すようにサビを歌うアヤの姿が、いつも以上に印象的だった。

「明日が来るなら」では、いつものようにアヤがペリを抱きしめたかと思えば、軽くキスをする場面もあった。

(※ライブ後、アヤとペリに上記のツイートをRTしてもらえて本当に嬉しい・・・!)

そして、このツアーを通して個人的にも一番大切な曲となった「ロミオの心臓」

どん底に沈んでいた私を、アヤの歌声がここまで立ち直らせてくれた。

だからこそ、この曲を歌うアヤをライブで観るたびに、いつも感情が堪えられなくなってしまう。

「大の大人がアイドルのライブで泣くだなんて」と、冷めた目で見ていたのも遠い昔の話。

アヤの歌声には人の心を大きく動かす力があると、BiSのライブに行くたび毎回実感している。

ライブは熱を帯びたまま、圧倒の終盤戦へ。

「I can’t say NO!!!!!!!」ではアヤがフロアに乗り出し、私の伸ばしていた右手を全力で掴み取る。

柵がない不安定な足場で一瞬ふらつく場面もあったものの、全身全霊の気迫をさらけ出すかのような力強さを伝えてくれた。

「この6人になってはじめての大切な曲、この6人が作ったDon’t miss it!!なので、絶対絶対胸に焼き付けて!」

アンコール明けのMCで、ムロが発した一言。

普段のフシギな言動やキャラとは違い、大事な時にはファンの心にどっしり響く言葉を紡ぐムロ。

時々垣間見る彼女の真摯な思考と姿勢は、新体制のBiS2ndをキャプテンとして引っ張っていくに相応しいと改めて感じた。

最後は、この6人でつないできたはじまりの歌「BiS BiS」で幕を閉じた。

ライブ後の挨拶時、アヤの呼びかけから全員が手をつないで腕を上げるポーズを見せる。

やっぱり、この6人のBiS2ndが本当に大好き。

残り2回しか観られないのが、本当に惜しいし寂しい。

アヤの居る現体制最後のあと2回、徳島まで絶対にこの目で見届けようと強く誓った。

今日のチェキ

まず、今日は依頼された代行チェキを撮ってきました。

「やっぱキカなんすよ」でおなじみ、白塗りのあの方からのご依頼です。

キカ
キカ
アヤ推しのよしみなら、なんとなくわかるでしょ?

このときのアヤのポーズを思い出した(画像参照)

そして、今日のアヤとのチェキは久々の屋外!

気づいたら枚数がいつもより多い謎

3枚目、ポーズに迷ったワイ氏はアヤと見つめ合う。

よしみ
よしみ
(やばいめっちゃかわいい)(抑えきれない心の声)(なお、アヤに聞こえていた模様)
アヤ
アヤ
照れるよ~

アヤほんと大好き(語彙力の消失)

進み続けるBiS2ndを見逃すな

現体制でのライブ、遂に来週の高知と徳島で終わってしまう。

第1回BiS.LEAGUEによる投票結果が反映される9月2日のツアー岡山公演からは、新体制でツアーが再開します。

よしみ
よしみ
現体制の集大成、絶対に目が離せない

一部チケットの売り切れこそありますが、幸いなことにまだ間に合う公演もあります。

10月以降のツアー日程も公開されているので、こちらも要チェック(‘ω’)ノ

今日のおまけ

BiS2ndメンバーとたくさん写真を撮るアヤ

そして、今話題のセレーナ・ゴメスシリーズ

アヤが「今のBiS2nd」のことを本当に好きだということが伝わる、メンバーへの愛にあふれたツイートが最近多くて本気で泣ける

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。