最速ライブレポ

本当の闘いはこれから。「BiS.LEAGUE 最終結果発表イベント」を観た

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

発表当初から賛否両論が飛び交った、今回の「BiS.LEAGUE」

ついに、結果が発表されました。

運良く招待されたイベント会場では、ライブの時とまったく違う独特の空気で包まれる。

しかし、間近で彼女たちの覚悟や熱い思いを目の当たりにすることができる貴重な機会だった。

それではさっそく、本日の最速イベントレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
今止まる暇なんてない。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~滋賀編~【I don’t what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 今回は、滋賀県・大津市でのワンマンライブ。 個人的にもかなり思い入れ...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

40人限定・イベント参加権の抽選に当選

1ヶ月におよぶ投票期間を経て、繰り広げられてきた「BiS.LEAGUE」

※詳細はこちら

ニコ生での生中継に加え、抽選で選ばれた40人の研究員が収録に招待されました。

遠征のためバスで京都に向かう金曜日の夜、Twitter上では「招待ハガキが届いた!」との報告ツイートがちらほら。

この時点で私の手元にはハガキが届いておらず、落選したものとして切り替えて京都へ向かいました。

よしみ
よしみ
一応応募はしたけど、さすがに今回は外れたか・・・

しかし、月曜朝の帰宅後に事件が起こる。

当選だけでも衝撃なのに、まさかの整理番号1番・・・!?

というわけで、大分から続いているBiS2nd現場全通も無事継続。


今回のイベント参加は抽選ということもあって、会場に集まった顔ぶれはいつもとかなり違う。

それでも、いつも仲良くさせていただいている方も何人かいらっしゃったので心強かったです。

会場内は整理番号ごとに座席が指定されており、1番の私は最前列の一番奥。

よしみ
よしみ
「声援はどんどん送ってあげてください」と言われても、さすがに今日は声を出しにくい雰囲気・・・

スタッフの黒川さんによる説明を受けた後、生放送の収録が始まる。

今年のBiSを振り返るトークコーナー

若干ピリついた雰囲気が漂う中、BiSの10人が登場。

カンタンにメンバーの自己紹介を終え、プー・ルイ卒業以降のBiSの歴史を振り返るトークコーナーが始まる。

数々の爆弾発言が飛び出したり、笑いも起きるなど会場の空気も和やかになった。

よしみ
よしみ
盛りだくさんすぎるので、名言を抜粋してダイジェスト

アヤ:「プー・ルイ卒業は寂しくて、今でも信じてない(?)」

YUiNA:「当初は自信なかったけど、みんなが受け入れてくれたから胸を張れるようになった」

ムロ:「ミュークラブの合格理由は「スクワットを頑張ってたから」らしい」

トリハナ:「「ぞんざない」って言わないですか?(「言わない」と総ツッコミを食らう)」「家に帰ると父が代々木フリーライブの映像をずっと観ている」

キカ:「やっと前向きになれたけど、ライブの直前とか今でも毎日ももらんどのことを思い出す」「新メンバーの中ではハナがみんなを引っ張ってくれてた」

ゴジ:「BiS2ndの楽屋が汚かったから、「人の振り見て我が振り直せ」と教えることができた」

ももらんど脱退の件や、アヤプリ100kmでの内紛騒動など、ナーバスな話題にもしっかりと切り込んでいた。

個人的には、アヤ100kmマラソン発表時の裏話が聞けて嬉しかった。

ゴジ:「ツッコミ待ちで仏壇用の花を渡したのに、アヤが気付かず泣いて喜んでいてもうだめだーと思った。でも、アヤのそういうところが愛せる」

アヤ:「そのお花、ちゃんと水をあげてリビングに飾ってる。今度からはちゃんとメンバーに報告する!」

よしみ
よしみ
アヤのそういうとこ、ほんとすき

たとえネガティブな話題でも最終的には面白く変えていける、それこそが「BiSらしさ」なんだと改めて実感。

運命の最終結果発表

小休止を挟んだ後、ついに本編の順位発表。

先ほどまでの和やかムードから一変、会場には一気に重苦しいムードが漂う。

10位から順に発表され、メンバーひとりひとりがコメントを残していく。

BiS.LEAGUEに対する本音や葛藤、これからの決意を堂々と語り続けるBiSの10人。

「BiSとして生きることへの覚悟と感謝」を綴る彼女たちの想いには、順位による優劣など一切なかった。

その中でも、特に刺さったメンバーのコメントを抜粋する。

ムロパナコ(8位):「みなさんは何も心配しないで、私たちのBiSについてきて」

キカ・フロント・フロンタール(5位):「この投票ってCD1枚で投票してというものだけど、それがみんなからの応援の気持ちの表れなんだなって気付いた。私なんか無理だって思っちゃダメだなってことを、みんなに教えてもらえた。」

よしみ
よしみ
ものすごく個人的な想いだけど、キカがBiS1stに届かなかったことは本当に悔しいし残念・・・アヤとキカは揃っていてほしかった

そのまま順位発表は粛々と進んでいき、1位と2位の発表。

残るは、ゴ・ジーラアヤ・エイトプリンスの2人。

さんざんプッシュしてきている通り、私はずっとアヤの1位を信じていた。

私きっかけでBiSに興味を持ってくれた友達を初めてのライブに引き込んでみたりアヤの想いを確かめたくて熱海から小田原まで一緒に走ってみたり

投票最終日となった滋賀では、アヤプリ10連チェキにも挑戦した。

もちろん、最速ライブレポを書き続けている当ブログを通してもアヤの魅力を全力で発信してきた。

私にできたことは、本当に微力だったかもしれない。

合計155票をすべてアヤに投票したとはいえ、しょせん155/6752。全体票の約2%の割合にすぎない。

それでも、私なりにアヤに対してできることは全力でやったつもり。

しかし、発表された最終結果は2位。

名前を呼ばれた瞬間のアヤの表情は、凍りつく私とは対照的な笑顔を浮かべていた。

重苦しいプレッシャーから解放されたからなのか、この結果に一区切りつけて前に踏み出す決心をできたからなのか。

もしかすると、いちいち考える余裕がなくて笑うことしかできなかったのか。

その真意はわからないまま、アヤによる「言葉足らず」でまっすぐなスピーチが始まる。

「正直、このリーグ戦をどうやって戦っていいか最初はわかっていなかった」

「どんなことも絶対諦めないで戦うということをギャンパレ時代に学んだから、今回も悔いを残したくないと思っていた。100kmマラソンやったり八王子で踊ったり、自分なりに後悔がないよう過ごしてきた。だから、このBiS.LEAGUEに悔いはない。」

「でも、私は1位を目指してやってきて今回2位という結果だった。まだまだ「未完成ガール」ということで、上を目指せるからこれからもずっと1位を目指して頑張る。」

「BiS1stにはなれたけど、これからが勝負だと思っている。足りない部分もたくさんあるし言葉も足りないけど、自分がこれから1stで変わっていけるように何事も諦めないで頑張っていくので、引き続き応援お願いします。本当にありがとうございました!」

イベント終了後、改めてアヤはTwitterで今回の想いを綴っていた。

2位という結果に終わってしまっても、今回のBiS.LEAGUEを乗り越えてアヤは一回りも二回りも強くなったはず。

堂々と「悔いはない」と言い切れるほど最後まで全力で走り抜いた、そんなアヤが本当に大好き。

そして、今回のBiS.LEAGUEで1位に輝いたのはゴ・ジーラ。

他のメンバーが「1位を目指す」と突き進む中、彼女だけは当初から視点が違っていた。

あくまでも「BiSのため」、この過酷なBiS.LEAGUEを面白おかしく楽しもうとする強い姿勢。

結果として、BiSを想う確固たる意志がゴジちゃんを1位という座に導いた。

発表後のスピーチでも、BiSに対する思い入れと覚悟がひしひしと伝わってくる。

「この票は私に対する期待じゃなくて、BiSに対する期待を私にかけてくださった票だと思っている。だから、信頼を崩さないよう期待のその上を飛び越えていけるよう、BiSをもっと面白くしていく。」

「BiSは、みなさんのくれたこの大きな力で私が支える。再結成前のBiSができなかった「世界を変える」ことを、今のBiSで実現したい。」

「BiSのメンバー同士は敵じゃなくて「戦友」なだけなので、戦い合って強くなっていく様を面白おかしく楽しくみなさんに見せつけていくので、これからもよろしくお願いします。」

最後まで賛否両論吹き荒れる中、さまざまなドラマを生み出しメンバー全員を大きく成長させたBiS.LEAGUE。

1位を勝ち取ったのは、「BiSを面白おかしく楽しんでもらう」というぶれない強い芯を持つゴ・ジーラだった。

以前まではいわゆる「飛び道具」的なポジションだった彼女は、過酷なリーグ戦を通して「BiSの大黒柱」として大幅にパワーアップを果たした。

アヤの1位をずっと信じていた私としては正直メチャクチャ悔しいけど、今回のゴジちゃんの1位は納得の結果。

切磋琢磨しつつ、お互い足りない部分を支え合いながら、BiSをもっと高い所へ連れて行ってくれると信じています。

新体制の暫定アーティスト写真撮影&質問タイム

順位の発表が終わると、カメラマンの外林さんによる暫定アーティスト写真の撮影タイム。

先ほどまでの重苦しい空気はどこへやら、10人全員の顔には笑顔が戻っていた。

急にお姫様抱っこをはじめたり、円陣を組みだしたり・・・

アー写の撮影が終わると、ニコ生ユーザーによる質問タイムが始まった。

新生BiS1st、BiS2ndに対する意気込みもそれぞれ語ってくれた。

ゴジ「報告・連絡・相談を叩き込んで、アヤ・エイトプリンスを躾けます」

キカ「狂気みが増したBiS2nd、大変だけど楽しく頑張ります」

よしみ
よしみ
ニコ生には映ってなかったけど、途中ネル・ネールがめっちゃ荒ぶっててたのしかった

そして、新衣装について外林さんへの要望を伝える場面も。

ペリ「肌を出したい人なので、布面積少ないのが好き」

ゴジ「お金をかけて頂けるとのことなので・・・金メッキ(?)」

そうこうしているうちに、新しい暫定アーティスト写真の選別が完了。

よしみ
よしみ
さすが外林さん、仕事が早い

最終的な結果については、正直まだ受け入れがたい部分もあります。

(キカが1stに入れなかったり、アヤが1位を獲れなかったり・・・)

ただ、全員が楽しそうにアー写撮影したりニコ生からの質問に答えている姿を見ていると、なんだか救われた気持ちになりました。

よしみ
よしみ
結局、メンバーが笑顔で活動できていればそれだけで良い

結果はどうであれ、BiSは9月から今回決まったメンバー編成で活動していきます。

アヤが新たに加入し、史上最強の布陣となったBiS1st。

ネル・ネールの加入により、さらに狂気味の増したBiS2nd。

最終的には1人ずつ入れ替わっただけの結果となりましたが、それでもチームの色は大幅に変わるはずです。

ツアー第四弾日程の発表

そして、イベント中には全国ツアー第四弾の日程が発表されました。

よしみ
よしみ
ひ、広島クラブクアトロだと・・・!?

まだ行ってない愛媛、香川、長崎、佐賀、長野、山梨の6県が発表され、BiSは今回のツアーで47都道府県を制覇・・・

と思いきや、11月からしれっと追加の日程。

9月17日に続き、まさかのツアー2度目となる広島でのライブが確定!

よしみ
よしみ
そら(速攻でBiS1stパルプンテ確保したわ、)そう(なるに決まってる)よ

第三弾に引き続き全通できるかはまだ未定ですが、極力足を運んで最速ライブレポをアップします。

当然アヤのいる1st中心にはなりますが、もちろん2ndも観に行く予定です。

「BiS.LEAGUE」はまだ終わりじゃない

まさに「何が起こるかわからない」を体現してしまった、今回の「BiS.LEAGUE」。

熾烈な投票争いには一区切りついたものの、恐ろしいのは「今回はまだ第一弾」ということ。

同じような投票システムになるのか、それともまた斜め上の展開が待っているのか。

まだまだわからないことだらけではありますが、ゴジちゃんの言う通り「面白おかしく楽しむ」スタンスでいるのが正解だと考えています。

そして、本日8/1の20時にさっそく「斜め上の発表」が解禁されました。

よしみ
よしみ
キャプテンとは

なんだかよくわかりませんが、ゴジちゃん作詞の新曲も合わせてとても楽しみです。

もっとたくさんの人にBiSの楽しさが伝わるよう、当ブログでも全力でBiSを応援していきます。

一見軽いコトバに見えるかもしれないけど、今回のBiS.LEAGUEを通してアヤが一番強く実感したであろうとても大切なコトバ。

メンバーやファン、関わる人すべてが一体となって世界をぶっ壊していくのがBiSというグループです。

「まだライブに行ったことがない」というあなたも、一緒に世界を変えてみませんか?

 

人気プロブロガー&プロゲーマーCaptainJackさん主催の「ジャックナイト新宿」、よしみも参加します('ω')ノ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。