最速ライブレポ

ネル・ネール生誕ライブ。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~京都編~【I don’t what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

前回のライブから1週間空いた今日は、京都府・京都市でのワンマンライブ。

自ら課した試練を乗り越えたアヤとキカが牽引するBiS2ndが魅せた気迫のライブと、ネル・ネールがはじめて迎える記念すべきバースデーライブとなったBiS1st。

BiSのライブは、単に「激しい」だけなんかじゃない。

限界を超えた人間の底力や、人を想うあたたかい感情も体感することができるんです。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

前回の最速ライブレポート記事はこちら

あわせて読みたい
ペリ・ウブ凱旋。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~名古屋編~【I don't what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 連日のソールドアウト公演となった今日は、愛知県・名古屋市でのワンマンライブ...

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

あわせて読みたい
即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめこんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 当ブログでは、私よしみが参加したイベントのレポートを毎回必ず即日更新してい...

会場「京都MUSE」について

今回BiS1stとBiS2ndがライブを行ったのは、京都府京都市の「京都MUSE」

キャパは約350人、数多くのバンドと歴史を共にしてきた京都を代表する人気ライブハウスです。

京都の中心部・四条通沿いに位置しており、アクセスは非常に便利。

よしみ
よしみ
周辺になんでも揃ってる

ステージはやや高め、縦に奥行きのあるタイプの箱。

また、天井がめっちゃ高いので、キャパ以上に広さを感じられるつくりとなっています。

最前列付近のフロア床には数センチほどの段差があるので、圧縮が起きた際にはつまづかないよう注意が必要です。

開場後の物販に関しては、フロア入口付近に用意されてました。

ライブハウス「京都MUSEの詳細

公式ホームページはこちら

阪急京都線「烏丸」駅、京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅13番出口から、左に10秒。地下から地上に上がるとすぐの場所。河原町OPAやラウンドワンも徒歩圏内です。

古都に響いた6人の底力、BiS2nd

完全ソールドアウトとなった京都MUSE、BiS2ndは今日も過去最高の熱さを更新。

1曲目の「gives」では魂のこもった歌声で圧倒したと思えば、次の「Fly」からは一気にボルテージを急上昇させる。

MC明けの「My lxxx」では、フロアから独特の「口上」が聞こえてくるなど、ライブの熱量は増していく一方。

よしみ
よしみ
My lxxxの口上、たのしいからワイもよく叫んでるで

「IDOL」「ミステリアスホール」といった激しく煽ってくる曲はもちろんのこと、「ロミオの心臓」「TiME OVER」のようなエモーショナルに響くパフォーマンスも魅せてくれる。

曲の緩急・・・というよりも、「表情のふり幅」に毎回驚かされるのがBiSの醍醐味。

そして、定番となっている終盤のキラーチューン三連発。

「I can’t say NO!!!!!!!」では、ラスサビになると熱狂のピークとともにアヤがステージに乗り込んでくる。

よしみ
よしみ
さすがに今回は手が届かn・・・ファッ!?

前回の名古屋に引き続き、アヤは私の右手をつかんでくれた。

アヤが後ろによろけてしまう瞬間もあったものの、私も必死で支える。

よしみ
よしみ
アヤはわかりて(?)

わずか数秒とはいえ、直に触れるといつも以上にアヤの真剣さが伝わってくる。

また、今回のライブで一番驚かされたのはキカの根性。

ライブ直前にもかかわらず、無謀ともいえるようなチャレンジ企画を遂行したキカ。

実際にスクワットをしている様子は、深夜にTwitterライブにて配信されていた。

6646回もスクワットをした翌日にライブ、冷静に考えて狂ってる。

確実に体は満身創痍なのに、気丈にふるまい全力でライブにぶつけていくキカの根性。

よしみ
よしみ
人間の限界を超えている・・・

アヤ100kmマラソン同様、はたから見ればそれ自体は「意味のない行為」なのかもしれない。

しかし、キカは「感情を表現する手段」として、あえて無謀かつ過酷な道を自ら選択した。

バカ正直すぎるほどまっすぐな「覚悟」は、常人の理解を超越した世界で繰り広げられていることを改めて見せつけられた。

ネル・ネール生誕ライブとなったBiS1st

よしみ
よしみ
ワイ氏、結局7回連続で1stのライブも観る

今回は周りに知っている方も多かったので、後方でワイワイしながら楽しくライブを観ていた。

ライブを重ねるごとに、「4人の結束」が固くなっているように映るBiS1st。

単なる個性のぶつかり合いではなく、それぞれの長所を引き立て合えるようなパフォーマンスに進化している。

個人的には、ゴジちゃんの気迫が終始印象に残った。

変人だらけのチームをまとめて引っ張るその姿は、確実に5人時代以上に大きな存在となっている。

MCにおいても、「ライブ」「ライブハウス」に対する強い思い入れを語ってくれた。

よしみ
よしみ
「ライブハウスから生まれる友情や愛情が好き」って話、わかりみしかない

そして、今回のライブはネル・ネールの誕生日。

自己紹介では自ら「ハッピーバースデー」を歌ったり破天荒な挙動を見せたりと、「ネルらしさ」は今日も健在。

アンコールでは、ファンによって用意された生誕記念フラッグがフロアで掲げられ、

「ネル・ネール」コールとともに「はじめての生誕ライブ」を暖かく迎え入れていた。

「本気のライブ」を毎回ぶつけてくれるBiSだからこそ、ファンも全力で想いに応えられる。

BiSのライブに行くと、いつも実感します。

今日のチェキ

アヤ・エイトプリンス、京都でテンション迷子の巻

アヤ
アヤ
よしみ~、おはよ~(?)
よしみ
よしみ
?????(よくわからないけどかわいい)

チェキ列に並んでいるときから、アヤの笑い声がずっと響いてて楽しそうだった。

これがウワサの「ハッピーカムカム」です(?)

案の定今回もノープランのため、3枚目はただ手を握って見つめ合うという謎2ショット。

よしみ
よしみ
やばいかわいい(心の声)(たぶん無意識に言ってた)

「絶対に1番」って想いを込めて、ソロチェキも買い増し!

「BiS.LEAGUE」終了まで残りわずか

次の滋賀を終えると、いったんツアーも小休止。

8/4のTIFを挟んで、全国ワンマンツアーは8/14の渋谷から再開します。

そして、「BiS.LEAGUE」もいよいよ大詰め。

投票期限は7/29(日)の23:59まで、ここまでの投票で順位と票数が確定。

結果発表は7/31(火)、ニコ生での生中継も予定されています。

“BiS.LEAGUE”の最終結果発表をニコ生にて生配信決定!!/BiSオフィシャルHP

■『BiS.LEAGUE』最終結果発表SP

http://live2.nicovideo.jp/watch/lv314543978

※7/31(火)20時より生配信

よしみ
よしみ
ワイ氏、イベント招待の抽選に外れたためニコ生待機勢となる

そして、BiS1st&BiS2ndの全国ワンマンライブツアーはまだまだ続きます。

グッズの購入でも、「BiS.LEAGUE」の投票権であなたの応援するメンバーに投票することができます。

今日がラストチャンス!

BiSの絶対的エースになれるのは、アヤしかいない。

BiSがもっと大きくなるために、あなたもアヤを応援するべき。(圧力)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。