最速ライブレポ

notall主催対バンイベント「宴-notage-」でBiS1st&BiS2ndを観た

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

やっぱアヤプリなんすよ(言いたいだけ)

今回は、渋谷で行われた対バンイベント「宴-notage-」に行ってきました。

当イベントを主催する4人組アイドルグループ「notall」をはじめ、ハロプロから実力派の「こぶしファクトリー」

そして、「BiS1st」「BiS2nd」の計4組がせめぎ合う対バンイベントです。

「宴-notage-」公式ホームページ及び詳細はこちら

4組ともカッコ良いライブを見せてくれましたが、もう一度似たようなことを言わせてください。

\ BiS2nd優勝 /

仕事終わりに定時ダッシュしてでも、足を運んだ価値のあったライブでした。

それではさっそく、今日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

※前回の最速ライブレポート記事はこちら

逆襲の始まり。BiS2ndのワンマンライブを観た~福井編~【I don’t know what will happen TOUR】

※最速ライブレポート記事のまとめはこちら

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

新天地でも変わらず定時ダッシュ

タイムテーブルが発表された瞬間、ぶっちゃけた話わりと絶望しました。

アヤちゃんのいるBiS2nd、トップバッターで19:00スタートなんですよ。

休職期間が終わった今、平日夜のライブは必然的に仕事終わりにしか行けないんです。

しかも、新しい職場では18:00が定時。

着替える時間がない!!!

というか開場間に合わない!!!

結果、ほぼ定位置

あと今日わかったのですが、BiSのライブでスーツはやめといた方が無難です。

クッソ暑かった

会場「TSUTAYA O-EAST」について

東京のライブキッズにはおなじみ、渋谷「TSUTAYA O-GROUP」のひとつ。

フロアのキャパは約1,300人、建物の2階~4階部分が吹き抜けとなっていて都内のライブハウスでもかなり大きな部類です。

物販スペースにできる広い場所も場内にあり、サーキットフェスでもメインステージとしてよく活用されています。

また、1階には「duo MUSIC EXCHANGE」、5階には「TSUTAYA O-Crest」も入っており、建物すべてがライブハウスとなっていていつもにぎやかです。

建物近くにロッカーも多数ありますし、もちろんクローク(出し入れ不可・500円)も実施されています。

※O-EAST横のロッカーは、最初の利用から6時間を過ぎたら追加料金がかかってくるので要注意!

あと、今日はいろいろ焦ってたので私はやらかしました。

何十回も行ってるのに、中にもロッカーがあることを毎回忘れるわ・・・

会場のアクセスについても割とわかりやすく、駅からもダッシュで行けば5分くらいで到着できます。

渋谷のど真ん中なので、ライブ前の時間つぶしや打ち上げにはまったく困りません。

ライブハウス「TSUTAYA O-EAST」の詳細

公式ホームページはこちら

各線渋谷駅から徒歩9分、一番デカい建物が「O-EAST」です。

史上最強の先頭打者・BiS2nd

初っ端からぶっ飛ばしすぎてません?

まさかとは思っていたのですが、いざ実際にやられると発狂しますよね。

対バンイベントであることを忘れるくらい、フロア前方を熱狂的な研究員たちが一瞬で埋め尽くす。

勢いそのままに「WHOLE LOTTA LOVE」を叩き込んだかと思えば、旧BiS時代からの人気曲「IDOL」を久々に披露。

「IDOL」をやったのは、先月のBAND-MAIDとの対バン以来?

もちろん、BiS2ndとして披露するのははじめてだったのでメチャクチャ新鮮でした。

さらに、「私たちこそがBiSだ」と言わんばかりに名曲「BiSBiS」で堂々たるパフォーマンスを魅せる。

最後に、BiS2ndの新たな第一歩となる新曲「Don’t miss it!!」を全身全霊でぶつけてあっという間の20分間を終えました。

中央の2~3列目くらいまでツッコんでいった結果、とてつもない熱気で写真がほぼブレブレ。

というか、激しすぎてiPhoneを取り出す余裕もないくらい熱狂のステージでした。

絶対的エースのアヤちゃん率いるBiS2ndのライブ、文句ナシで今日一番カッコ良かった。

フロアを圧倒する王者・BiS1st

金沢のお披露目以来となったBiS1stも、独特のカッコ良さを持っている。

4人それぞれの個性がぶつかり合って、全員が強烈なキャラクターを発揮していました。

BiS2ndとはまったく違う曲をセレクトしていたため、イントロが流れるたび研究員がどよめく攻めのセットリスト。

1曲目には毎回確実に盛り上がるライブ定番曲「Give Me Your Love全部」、さらに「nerve」を続けるなど旧BiS時代からの初期人気曲を連発。

その後も休む間もなく、「SOCiALiSM」でフロアに凶悪なサークルを生み出すほど研究員を狂わせる。

まだまだ止まらないBiS1st、こちらも新曲「Don’t miss it!!」で激しいひざ蹴りの振り付けも披露。

最後は名曲「Primal.」を歌い上げ、ライブは幕を閉じた。

BiS2ndでいきなり体力と喉をつぶし後方で観ていたはずの私も、気付いたら割と前方で汗だくになってしまうほどのパフォーマンスでした。

恒例のチェキ会

BiS2nd福井以来、やっとアヤちゃんに会える(‘ω’)ウワアアアアアアアヤッタアアアアア

先週、私が行けなかった米子&松江公演でアヤちゃんの代行チェキを依頼していました。

【6/9 米子編】

【6/10 松江編】

代行をお願いしたのは、Twitterでも仲良くさせていただいているヴィンセントさん(@vKiinKcAeFnFt)

渋谷金沢では私がキカちゃんのチェキ代行に挑戦したので、逆パターンです。

ありがとうございました(‘ω’)ノ!

というわけで、今日のチェキはこちら。


あえて今日は何も指定せず、アヤちゃんにぜんぶ丸投げ!

逆に困らせてしまってなんとなく申し訳なかったので、次回のポーズはもう決めてます(遠い目)

アヤ「変顔できる?」

よしみ「できんけどやってみる」

アヤ「また送ってー!」

ここで、メチャクチャ重大な事実に気付いてしまう。

ワイ氏、顔出ししてないのでチェキ公開しても変顔がわからない

アヤちゃんはやさしいので、それでもカレーナンのモノマネをやってくれてました。

これは再度謝罪案件

ますます加速する2つのBiS

対バンイベントにもかかわらず、一気に会場をホームグラウンドに染め上げてしまうのが今のBiS。

その魅力は「BiS1st」「BiS2nd」に分裂しても薄れることなく、むしろお互いが高いレベルで競り合ってますます濃くなり続けています。

アウェーのライブにも強い「BiS1st」と「BiS2nd」、もっと対バンやフェスにも殴り込めば新規ファンを爆発的に増やしてくれるはず。

数か月前の不安もブチ壊す勢いで、新章を突き進みはじめたふたつのBiS。

目撃するなら、まさに今がチャンスですよ。

そして、ついに8月~9月に行われるツアー第3弾の日程が公開されました!

FC先行でのチケット抽選申込が始まっていますので、早い整理番号で楽しみたいあなたはついでにWACK FAMILY FCにも加入しちゃいましょう。


私は今のところ、第3弾は全通する予定でスケジュール調整をしています(廃人)

そして、地元の広島ではパルプンテチケットを申し込みました!

すでに発表済みの第2弾も、まだまだ一部公演のチケットはありますよ(‘ω’)ノ

新グッズも、「BiS1st」「BiS2nd」それぞれあります。

デザインも割と良い感じ!

もちろん、私も購入しました。

そうそう。

実は昨日決めたことなんですが、6/16の山形県・酒田市で行われるBiS2ndのライブへ行くことになりました。

白塗りでおなじみ、キカちゃんの地元凱旋ライブです。

むしろ、なぜ今まで諦めていたのか・・・

翌日の仙台も合わせて、東北シリーズ行ってきます(‘ω’)ノ

BiS公式ホームページはこちら

※過去の最速ライブレポート記事まとめはこちら

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

新生アイドル研究会「BiS」って何者?旧BiSやBiSHとは違うんです。

【2018年6月最新版・随時更新】BiS1st・BiS2ndの全メンバーを紹介します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。