最速ライブレポ

止まらない快進撃。タワレコ新宿 GANG PARADEのインストアライブを観た

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

今日は、「ギャンパレ」ことGANG PARADEのインストアライブに行ってきました!

実は約1ヶ月半ぶりに観たんですが、少し期間が空いただけでもかなり進化している。

特に新メンバー2人の急成長がハンパなくて、すっかり「9人のGANG PARADE」が馴染んでいました。

生まれ変わったギャンパレの新曲「GANG2」のフラゲ日に行われたライブ、メチャクチャ楽しかったです。

それではさっそく、今日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

※前回の最速ライブレポート記事はこちら

先を見続ける怪物グループ。BiSHの横アリワンマンライブを観た【TO THE END】

※これまでの最速レポート記事まとめはこちら

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

新曲「GANG2」フラゲ日

「カミヤサキ」が復帰し、新メンバー「月ノウサギ」「ハルナ・バッ・チーン」が加入して9人となった新生GANG PARADE

新体制のお披露目となった2018年4月17日のワンマンで、この「GANG2」のパフォーマンスを観た私は感極まって思わず涙を流しました。

※当時の最速ライブレポ記事はこちら

始まりのワンマン。GANG PARADE「GANG 2」を観た

実はこのワンマン以来、ギャンパレのライブに行けてなかったんです。

なので、ほぼ1ヶ月半ぶりのライブとなりました。

アヤ推しなので当然BiSばっかり行っているのですが、ギャンパレは2018年3月頭までアヤちゃんが所属していたグループ

BiSと同じくらい思い入れの強い曲がたくさんありますし、もちろん現在のギャンパレメンバーもサキちゃんを筆頭に全員カッコ良くて好きです。

なので、もちろんCDもちゃんと予約購入しています。

すべて通常盤なので、DVD付きの初回盤も買っておきたい・・・(‘ω’)

また、新譜のリリースを記念して渋谷センター街にはこんな広告看板も。

カップリング曲「来了」もアツい

先日、カップリング曲「来了」のMVも公開されました。

ジャッキー・チェン映画のパロディ風で一見チョケた雰囲気ながら、印象的なリフとメロディーが頭から離れないギャンパレらしさ爆発の楽曲

前回のカップリング曲「とろいくらうに食べたい」同様、明らかにネタ曲っぽいのにちゃんとカッコ良く決まったサウンドになっているのが面白い。

MVも、ロケ地の台湾ではしゃぐメンバーがたくさん見れてたのしいです。

まだ披露はしていないものの、ライブで盛り上がるテッパン曲になること間違いナシ。

インストアはタダでも楽しめる

今日のインストアイベントは、タワーレコード新宿店で行われました。

普通、CDの発売日って水曜日であることがほとんどなんですよね。

(オリコンランキングの集計が関係しているそうです)

しかし、「GANG2」はなぜか5月29日の火曜日が発売日

なので、月曜日にフラゲ(発売日前日である店頭入荷日午後以降に購入すること)ができるというなかなかレアな状況。

もちろん、私が到着した夕方ごろには店内スペースにもしっかり展開されていました。

そして、今日と明日はちょっとした理由があっていつもの優先入場券を入手しません。

(理由は記事の最後に明かします)

そもそもインストアイベントって、ライブだけなら無料で観ることができるんですよね。

もちろん、無料観覧者はフロアへの誘導が一番最後なので、ライブ自体はメッチャ後ろの方で観ることになります。

私のようなスマホ勢は特に撮影にかなり苦戦しますので、写真をたくさん撮りたい方に無料観覧はあまりオススメできません。

視界も良くてメンバーとの距離が近い前方でライブを観たければ、CDを購入して素直に優先入場券を入手しましょう。

ちなみに、ギャンパレのライブでは「写真撮影」に加えて「動画撮影」も許可されています

ギャンパレの魅力が凝縮された30分

しかし、ライブが始まってしまえば距離なんて関係なくなってしまうのがギャンパレのスゴいところ。

遠方からでもステージの熱気が伝わってきて、メンバーと遊び人(ギャンパレファンの総称)との一体感を味わうことができました。

1曲目から新曲「GANG2」をしっかりと歌い上げ、新生GANG PARADEの船出を改めて見せつけてくれる。

かと思えば、次でいきなりギャンパレを代表するアンセム「Plastic 2 Marcy」をぶつけてくるという攻めまくった流れ。

フロアが一気に熱気を帯びます。

その後も休む間もなく、「FOUL」「GANG PARADE」とライブでは鉄板のキラーチューンを叩き込む。

静と動のメリハリを効かせたパフォーマンスで、一気に引き込まれていく。

最後に「Beyond the Mountain」でエモーショナルな一体感を創り出し、あっという間にミニライブが終了。

今日のライブは特に、ギャンパレの代表曲ばかりを詰め込んだベスト盤的なセットリストだったように感じました。

進化を続ける「みんなの遊び場」

ギャンパレのライブは、「誰が観ても絶対に楽しめる」のが最大の魅力です。

普段アイドルのライブを観ないようなライト層はもちろん、ライブに初めて来る子どもたちにも自信を持ってオススメできる。

みんなで踊れるサビ部分では、マネしやすい振付で気軽に一体感を味わえます。

なんなら極端な話、何も知らない状態でライブに来てもある程度はすぐに覚えられますよ。

激しいモッシュ等も少なく、前方でも比較的安全な状態でライブを楽しめるのも安心ですね。

ガッツリ全力で盛り上がれる熱さが魅力のBiSとはまた違った、新しいライブの楽しみ方を教えてくれるグループ。

まさに「みんなの遊び場」、GANG PARADE。

現在、「GANG2」の発売を記念して関東圏でのリリースイベントをたくさん実施しています。

私よしみは、5/29のCUTUP STUDIO(タワレコ渋谷)6/1のタワレコ新宿の2つに参加します。

「なんで、こんなにたくさんやってるのにたった2つしか行かないの?」

察しの良いあなたであれば、うすうす勘付いているかと思います。

BiSを観るためだけに、アホとしか思えないようなスケジュールを組んだからです。

もちろん、ギャンパレも好きですしずっと応援していますよ。

でも、やっぱり本命はアヤ・エイトプリンスの所属するBiS(BiS2nd)なんです。

私がギャンパレのインストアに行ってもチェキを断念した理由、もうお分かりですよね。

察してください(遠い目)

あと、6/17にはBiS2nd仙台にも行く予定です(廃人)

このまま、新世界に突入しますね。

これまでのライブレポ、すべてこちらにまとめています。

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

※合わせて読みたい

7人体制ラストライブ!GANG PARADEのチェキ会に行ってきた

始まりのワンマン。GANG PARADE「GANG 2」を観た

新生アイドル研究会「BiS」って何者?旧BiSやBiSHとは違うんです。

人気プロブロガー&プロゲーマーCaptainJackさん主催の「ジャックナイト新宿」、よしみも参加します('ω')ノ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。