最速ライブレポ

BiSのワンマンライブを観た~和歌山編~【I don’t know what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

今日は関東を飛び出して、和歌山で行われたBiSのワンマンライブに行ってきました!

はじめはぼっち遠征だったのに、ライブが終わるころには新しい研究員仲間に囲まれている。

誕生日直前に、たくさんの人のあたたかさに触れることができました。

もちろん、ライブそのものも燃え盛るような灼熱のパフォーマンス

関西の地でも、5人のBiSはまた一歩最高のステージを更新してくれました。

「誕生日とその前日にBiSのライブあるから会いに行きたい」

というノリと勢いだけで、多少ムチャしてでも本当に来て良かったです。

それではさっそく、本日の最速ライブレポートをどうぞ(‘ω’)ノ

※前回の最速ライブレポート記事はこちら

残りわずかの5人体制。タワレコ新宿 BiSのインストアライブを観た

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

言葉って大事

急激な変化にいつも翻弄され続けるBiS、どう考えてもメンタルやられるのが当たり前な状況なんですよ。

ライブ前の早朝にキカちゃんがTwitterで思わず不安をぶちまけてたり(その後削除されてます)、アヤちゃんも体調を崩してたりと5人全員が満身創痍であることが明らか。

本人たちに伝わるかどうかは別として、思わず私も上記のようなツイートを投げてしまいました。

私自身もそうでしたが、マジで苦しいときは周りに一切味方がいなくなるような錯覚に陥ってしまうんです。

「そんなことはない」とひとこと口にするだけならカンタンなのに、意外と周りは何も言えないことが多い。

パッと見フツーのポジティブツイートに見えるかもしれないけど、アヤちゃん深いこと言ってる。

せっかくTwitterとかインターネットでも言葉を伝えることができる世の中なんだから、せめてファンくらいは常に応援する人の味方であってほしい。

なので、私は盲目的な信者っぽく見られても、応援する相手に対しては基本的にポジティブなことだけ発するようにしてます。

やたら斜めに構えて「批評」した気になってるファンは、マジでクソダサい。

会場「和歌山 SHELTER」について

 

今回BiSがライブを行ったのは、和歌山県和歌山市の「SHELTER」

キャパは約300人。内装もキレイで広々としています。

ステージが比較的高いのでどこからでも見やすいのですが、ジャンプしたら木製の床がゆれる!

とはいえ、ライブ中はほとんど気にならないどころか、体全体で臨場感を味わえます。

駅のロッカーはなぜか使用できなくなっており、今回はライブハウスのクローク(1回500円)を利用して荷物を預けました。

また、すぐ近くに割と大きめのイオンモールがあるため、時間つぶしにもまったく困りません。

べんり!

しかも、ライブハウス自体が駅直結のためアクセスの良さが飛び抜けてます。

大阪や奈良からでも、意外と足を運びやすい立地ですよ。

ライブハウス「和歌山 SHELTER」の詳細

公式ホームページはこちら

南海「和歌山大学前」駅直結、南海本線南海和歌山市駅から7分、南海大阪難波から特急サザンで60分。

灼熱のフロアで意識がぶっ飛ぶライブ

 

ワンマンのBiSは最強。

ぶっちゃけた話、セットリストはツアー中毎回固定なんですよね。

というか、カンペキなセットリストなので現時点では動かす必要がない。

「初めてBiSを観る」という方に「今のBiS」を感じてもらうには最適な選曲ですし、逆に私みたいな何度も集中して通うようなタイプでも一切飽きが来ない

これって割とレアなことで、フェスならまだしもツアーでセトリ固定って普通のバンドでやったらすぐ飽きちゃうんですよ。

いくら好きな曲が続いててもワクワクしなくなりますし、予定調和感がぬぐえません。

なのに、BiSのライブは何度観ても新しいカッコ良さを目の当たりにすることができる

毎回、刹那的で強烈な感情が楽曲の全面に乗ってきています。

明るい曲でもシリアスな曲でも、それぞれの曲に合った感情が乗っていてエモい。

「SOCiALiSM」の狂気じみたアヤちゃんはマジでカッコ良くて、観てるこっちまで毎回感情がワーーーッって抑えきれなくなります。

気付いたらモッシュピットに飛び込んでたり再び前方に突っ走ってしまったりと、えげつないレベルで体力を自ら破壊してしまう始末。

後にチェキが控えているとわかっているのに、なりふり構わず汗だくになってしまいました。

意識を飛ばしすぎて、慣れてない初心者の方にイヤな思いをさせてしまわないようにだけは気をつけます(自戒)

 

あと、今日特に印象的だったのが「パプリカ」でのキカちゃん。

私も右手を曲中ずっと支えてたんですが、完全にメーター振り切ってスクワットしてました。

(もともとアヤちゃん狙いのポジションだったことはあまり大きな声で言えない)

(というかいつもそれでワンマンでは同じ位置にいる)

ここまで(かなり良い意味で)殺気に満ちたパフォーマンスを魅せてくれるアイドルは、BiS以外いません。

 

恒例のチェキ会

関東での長蛇の列に慣れていたため、全体的に落ち着いていて異常なレベルの混雑は起こらず。

(アヤ列とパン列は今回も長い)

それでは恒例、今日のチェキのコーナーです。ご査収ください。


_人人人人人人人人_
> よしみだよね? <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

衝撃のあまり、私がそのあとなんて反応したか覚えてないです(学習能力)

最近ずっと名乗ってなかったのに、まだ覚えてもらってた・・・!

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

しかも、前回渡した広島のおみやげが無事届いてた!!!

広島出身千葉在住が新宿でプレゼント渡して和歌山のライブにいる、というメチャクチャややこしい状況。

いわゆる「フッ軽」です。

残りわずかの5人体制。タワレコ新宿 BiSのインストアライブを観た

前髪切ったアヤちゃんがかわいすぎるので、たぶん今日もちゃんと目を見て話せてない。

あと、唐突にこのツイートが流れてきたので、勝手に私宛の私信として受け取ります。

最近、「ロミオの心臓落ちサビのアヤプリパートが死ぬほど好きbot(定期)」と化しているアカウントがこちらです。

2:37~2:49の部分だけでも音源化して延々とループして聴いていたい。

@saltrice1225

5月20日はよしみの誕生日(27年連続27回目)


26歳最後のライブ、BiSで締めくくることができてうれしかったです。

今日初めてお会いすることのできた研究員(一部エージェント兼任)の方々とも仲良くさせていただくことができ、ここ最近ホントに「人に恵まれてる」と毎日感じています。

(ライブ後、仲良くなったみなさんと一緒にラーメンを食べに行きました。メッチャオイシイヤンケェ!!)

まさに、どんどん周りの世界が変わっていく最中を突っ走っているところ。

BiSに出会ってアヤちゃんを好きになったというだけでとどまらず、ここから新しい可能性が次々と広がってきました。

そして27歳最初のライブも、もちろんBiSです。

実は今までもあまり経験したことがなかった誕生日当日のライブ、奈良という初めて踏み入れる地での開催。

しかも、はじめての「パルプンテチケット」

※「パルプンテチケット」・・・整理番号が早くて開演前にメンバー全員とのチェキが撮影できる特別なチケット

イマイチどんな感じかよくわからないので、ぶっつけ本番です。

史上最高の誕生日プレゼントを受け取って、マジで世界変えてきます。

楽しみ(‘ω’)ノ

おまけ~期間限定~

誕生日なので、ノリと勢いだけでpolcaはじめました。

ビビって前日に公開したものの、初挑戦にしてなんとあっさり目標額達成・・・!

5月20日が実際の誕生日ですので、一緒にお祝いしてくださるとうれしいです。

人の金で焼肉食べて、お金くれた人にもネタを還元したい!!!

よろしくお願いします(‘ω’)ノ

新生アイドル研究会「BiS」って何者?旧BiSやBiSHとは違うんです。

【2018年6月最新版・随時更新】BiS1st・BiS2ndの全メンバーを紹介します。

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。