音楽コラム

新生アイドル研究会「BiS」って何者?旧BiSやBiSHとは違うんです。

こんにちは、よしみ(saltrice1225)です。

「BiSって何?」

これまで当ブログでも、しつこいくらいライブのレポート記事をアップしています。

しかし、改めて考えたらBiSそのものをよく知らない方も多いのでは?

通りすがりの男性
通りすがりの男性
新BiSとか旧BiSとかよくわからん
通りすがりの女性
通りすがりの女性
テレビによく出てるBiSHとは何が違うん?

初心者であれば必ず引っかかるであろう、上記のようなギモンについても解説しました。

この記事を読むと、BiSがどんなグループなのかがざっくりと理解できます。

BiSHを経由して、同じWACKグループのBiSに興味を持ったそこのあなた。

そもそもアイドル自体あんまりよく知らないというあなたも、これで安心!

数多く存在するアイドルグループの中でも、BiSはメチャクチャ異端で一番カッコ良いグループです。

ブームの波に乗るなら、まだ遅くありませんよ。

よしみ
よしみ
一足早く、BiSについて詳しくなっちゃいましょう(‘ω’)ノ

※過去の最速ライブレポート記事はこちら

BiSとは?

2016年9月、プー・ルイを中心にオーディションで選ばれたメンバーで再結成を果たしたアイドルグループ。

「BiSH」「GANG PARADE」「EMPiRE」を擁する㈱WACKに所属、マネージメントは同社代表の渡辺淳之介

パンクやラウドを中心とした激しいハードロックの楽曲が多く、その多くはサウンドプロデューサー・松隈ケンタが手掛けている。

2018年3月には旧BiSからのオリジナルメンバーであったプー・ルイが卒業するなど、幾度とないメンバーの入れ替わりを経て、2018年5月までは5名のメンバーで活動していました

※当時のメンバーをまとめたツイート

また、2018年6月1日からは新たにメンバー5名を加え新体制となり、「BiS1st」「BiS2nd」の2チームに分裂して活動しています

最新版!BiSの全メンバー紹介記事はこちら

旧BiSとの違い

名前は知ってる人
名前は知ってる人
BiSってもう解散したんじゃないの?

あまりにも複雑かつ濃い歴史を経て成り立っているグループなので、この辺の違いって最初はわかりにくいですよね。

まずはじめに触れておくと、

2014年に解散した「BiS」と、現在の「BiS」は完全に別モノのグループです。

確かに「2つのBiS」は、切っては切れない関係でしょう。

このままだと話がややこしくなるので、以降は「2014年に解散したBiS=旧BiS」、「2016年に再結成した現在のBiS=BiS」と分けて表記しますね。

まず、現在のBiSを立ち上げた元リーダー、プー・ルイ(2018年3月卒業)は、旧BiSの立ち上げ時から活躍しているオリジナルメンバーです。

2014年の旧BiS解散から2年が経った2016年、プー・ルイを中心に改めてBiSを再結成することになりました。

そこで行われた、過酷なオーディション合宿に勝ち残った

アヤ・エイトプリンス

  • キカ・フロント・フロンタール
  • ゴ・ジーラ
  • ペリ・ウブ

の新メンバー4名を加え、5人体制で再スタートを切ったのが現在のBiSの元型となっています。

その後、GANG PARADEの中心メンバーとして活躍していた

カミヤサキ(現GANG PARADE。旧BiSのメンバー)

とアヤ・エイトプリンスのレンタルトレードが行われた(2018年3月に解消)。

再度行われた合宿オーディションを乗り越えて、

  • パン・ルナリーフィ
  • ももらんど

の2名が新メンバーとして加入。

2018年3月には旧BiS時代からのオリジナルメンバー、プー・ルイが両国国技館でのライブをもってBiSを卒業

残された6人で新たな船出を切ったかと思いきや、2チーム制への分裂が発表されたり、翌4月にはももらんどが脱退するなど、常に波乱と隣り合わせです。

2018年の6月からはオーディションに合格した新メンバー4人と「EMPiRE」から移籍のYUiNA EMPiREを加えた合計10名となり、さらに「BiS1st」と「BiS2nd」の2チームに分裂して活動を続けています。

また、ライブでパフォーマンスする楽曲は旧BiS時代からも一部引き継がれており、楽曲のバリエーションはかなり幅広いです。

6人体制唯一のシングル曲「WHOLE LOTTA LOVE」はすでにライブでは必須のハードなキラーチューンとなっており、旧BiS時代から引き継がれた「パプリカ」では、研究員(BiSのファンの総称)と一緒にスクワットをするという破天荒なパフォーマンスも健在。

旧BiSが創り上げた既成概念をぶち壊すパンク精神とカッコ良い楽曲を取り入れ、完全に新しく生まれ変わった新生アイドルグループ。

それこそが、現在のBiSです。

あわせて読みたい
新章の幕開け。BiS1st&BiS2ndのワンマンライブを観た~金沢編~【I don’t know what will happen TOUR】こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。 2つに分裂、新体制としてスタートを切った「BiS1st」と「BiS2nd」...

今人気の「BiSH」とはどういう関係?

「BiSHと名前も雰囲気も似てるけど、何が違うの?」

今やCMやテレビ、大型フェスにも引っ張りだこの「BiSH」

BiSのことは知らなくても、

流行に敏感な人
流行に敏感な人
BiSHなら名前を聞いたことがある!

という方も多いのでは?

しかし、こちらも完全に別グループです。

事務所やプロデューサー、楽曲の制作陣といった共通する点は数多くあるものの、結成時期やレーベル等、グループの歴史がまったく違います。

文字にすると若干ややこしいので、雑ではありますが図に表してみました。

実は、現在のBiSよりもBiSHの方が先に活動を始めているんです。

BiSHは2016年5月にシングル「DEADMAN」でエイベックスからメジャーデビュー、現在も破竹の勢いで大活躍を続けています。

一方BiSは、2018年3月に日本クラウンから念願のメジャー再デビューを果たすも、波乱続きでなかなか思うようにブレークのきっかけをつかめていないのが現状。

同じWACKグループでお互いのメンバー同士も仲が良いのですが、実質的にはライバルのような存在です。

正直なところ、BiSHに比べるとBiSはまだまだ「売れた」といえないような状況に立たされています。

再始動からもうすぐ2年が経ち、変化を続けながらも着実に進化を続けているBiS。

まだまだ、こんなもんじゃ終わりません。

BiSHもかなり魅力的なグループですし、もちろん私も応援しています。

ただ、幾度となく逆境ばかりに立たされ続けるBiSの逆襲劇には期待しかないですよね?

あわせて読みたい
先を見続ける怪物グループ。BiSHの横アリワンマンライブを観た【TO THE END】こんにちは、よしみ(saltrice1225)です。 実は私、BiSHのライブを観るのは今日がはじめてなんですよ。 ずっと観...

全国ツアー「I don’t know what will happen TOUR」開催中

現在BiSは、2チーム体制で「I don’t know what will happen TOUR」と冠した全国ワンマンツアーを行っている最中です。

I don’t know what will happen TOUR概要

4月15日の沖縄公演を皮切りに、全国各地のライブハウスを縦横無尽に飛び回っています。

そして、6月2日の石川公演からは現在の「BiS1st」と「BiS2nd」の2チームに分かれて昼・夜の2公演でライブを行っています。

ハッキリ言います、新体制がどう動いていくのかはまだまだ私にもわかりません。

ツアータイトル同様、まさに「何が起こるかわからない予測不能なツアー」になっています。

ただ、白熱のライブでいつも最高を更新し続けてくれるのが今のBiS

地道なライブ活動を続ける中で、彼女たちのパフォーマンスはえげつないスピードで進化しています。

毎日のように続けてBiSのライブに足を運んでいる私が言うんですから、間違いありません。

よしみ
よしみ
日進月歩、実験じゃなくて人生なんです。

ライブハウスに足を運べば、いつだって進化を続ける最強のBiSを目の当たりにすることができます。

8月以降分については、売り切れの公演を除き現在もチケットの購入が可能です。

チケット販売の詳細はこちら

地方での公演は比較的余裕があるので、まだまだ間に合いますよ(‘ω’)ノ

当然、私も予定が合う公演はできるだけ参加しますし、参加したライブについては必ず最速レポート記事をアップします。

よしみがこれまでアップした最速ライブレポ記事はこちら

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

BiSのライブは、マジでカッコ良いので絶対に一度は観に行くべき。

よしみ
よしみ
あなたもBiSと一緒に、世界を変えてみませんか?
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。