面白ネタ

ねこはやさしい。猫アレルギーも安心!猫と仲良くなる5つの方法

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

あなたは「犬派」ですか?

それとも「猫派」ですか?

こんなの、愚問ですよね。

私は両方好きです。

当たり前ですよ、どっちもかわいいのに優劣つけられるわけないじゃないですか。

もふもふした動物は、みんなかわいいんです。

幼少期には犬と猫の両方を実家で飼っていたので、どちらの愛おしさも理解しています。

今は、母方の実家で猫を1匹飼っているんですよ。

先日帰省したときも、ほとんどの時間を猫と一緒に過ごしていました。癒し効果がハンパない。

ただ、猫って基本的に人見知りなんですよね。

ずっと一緒に住んでいたら話は別ですが、久々の再開とかだと普通は警戒されちゃうものです。

でも、すぐに猫と仲良くなれるコツがあります。

私の場合、この方法を使えば初対面の猫でもだいたいすぐになついてくれるんです。

猫マスターと呼んでくれ

いったい、どんな方法を使えば猫とすぐに打ち解けられるのか?

猫アレルギーのあなたでも安心。

この記事で紹介する5つのコツさえ抑えていれば、あなたも猫とマイメンになれます。

猫の魅力は無限大

猫って、とにかく自由ですよね。

好き勝手に走り回りますし、かまってほしいタイミングも気まぐれ。

急にそっぽを向いたと思ったら、いつの間にかふとんの上にまで乗ってきてたりとか。

単に眺めてるだけでも楽しいんですよ。

 

 

 

はしゃいでる姿もメチャクチャかわいい。

ウチの猫は割とアクティブ派なので、おもちゃで遊んでると驚異的なジャンプ力を見せてくれます。

でも、猫ってとにかく気まぐれなんですよね。

「もっと猫と仲良くなりたい!」

「猫に嫌われて悲しすぎるから死にたい」

こんな風に悩んでいるあなた、大丈夫ですよ。

今ら紹介する5つのコツさえマスターできれば、必ず猫はあなたのことを信頼してくれるようになります。

 

猫に好かれるために必要な5つのコツ

①猫から近寄ってくるのを待つ

ぶっちゃけ、コレが一番大事です。

猫は基本的に人見知りなので、とにかく警戒心が強い。

出会ってすぐ追いかけたり、急にだっこでもしようものなら確実にするどいツメで反撃を食らいます。

「私はあなたに危害を与えませんよー」

ってことを行動で伝えてあげないと、猫の方から安心して寄ってきてくれることはまずありえません。

最初はもどかしいかもしれませんが、とにかく待ちましょう。

②じっと目を見つめない

猫の目って、まん丸でキラキラしててかわいいですよね。

ずっと見つめ合いたくなる気持ちもわかりますが、猫と友好的な関係を築きたいならNG行為

「何ガン飛ばしとるんや、やんのか?あン?(人間こわい)」

猫からしたら、こんな気持ちなんですよ。

なので、目が合ったら視線をそらしてあげましょう。

また、ゆっくりとまばたきを繰り返すのも猫にとっては「友好のあいさつ」なので非常に効果的。

何度も同じことをやってると猫も安心してくれて、少しずつあなたに近づいてきてくれるはずです。

③マーキングとなで方を理解する

あなたへの警戒がほどけると、次第に猫の方からそろりそろりと近寄ってきてくれます。

しかし、慌ててすぐに触ろうとしてはいけません。

最初のうちは、スリスリしてきたりあなたの体の一部をペロペロし始めるはずです。

「ワイの匂いをつけてマーキングするで!これで仲間や!」

少しだけ気を許してくれた証拠なので、第一関門は突破。

また、あなたの方から猫を触るときは、以下の場所を中心になでると猫はよろこびます。

  • 頭や顔のまわり
  • 首回りやあごの下
  • 背中

とにかく、ゆっくりやさしくなでてあげてください。

あと、少しでも嫌がった様子を見せたらストップしてあげましょう。

人間と同じで、ずっと触られっぱなしは猫だってイヤなんです。

④猫目線でゆっくり静かに

猫に近づくときや触ろうとするときは、猫と同じ目線になりましょう。

猫は上からのすばやい動きにメチャクチャ敏感なので、いきなり動くとビックリして逃げてしまいます。

高い場所から急に手を出したり、大きな音を出したりするのは絶対にダメ。

顔や手の高さを猫の目線まで下げて、猫のペースでスキンシップを取ることが大事です。

「コイツは仲間だから危なくない」

ここまできたら、あなたと猫の信頼関係はもうかなりでき上がっています。

⑤動くもので遊ぶのが大好き

猫は、おもちゃで遊ぶが大好きです。

代表的なおもちゃとしては、「猫じゃらし」がありますよね。

大きくゆっくり振ってあげると、先についたおもちゃをじっと見つめているのがわかります。

 

こんな感じ

また、ビニール袋や丸めたレシートのようにカサカサと音がするものも大好物です。

よく頭をつっこんで遊んでる

ずっと遊んでると、マジで時間を忘れます。

最終的にどっちが遊ばれてるのかわからなくなる

猫アレルギーが気をつけること

ここまで、猫と仲良くなるための方法を紹介してきました。

この5つのコツをマスターできれば、あなたはどんな猫とも仲良しになれるでしょう。

と、ここでひとつ残念なお知らせ。

実は私、軽度の猫アレルギーなんです。

いや、ホンマになんでなんおかしいやろオーマイゴッドファーザー降臨

たまにクシャミが出ますし、猫と戯れたままの手で目をこすった日にはまっかっかに充血してしまいます。

それでもワイは・・・猫と遊びたいんや・・・!

安心してください。

もちろん症状にはよりますが、軽度の猫アレルギーなら以下の2点さえしっかり守っていれば問題ありません。

少なくとも私の場合は、大幅にアレルギー症状が改善されてフツーに猫と遊べるようになりました。

  • 猫と遊んだ後は必ず手を洗う
  • こまめに猫シャンプーをして抜け毛を防ぐ

また、余裕があれば空気清浄機を使うとさらに効果的です。

猫も人間も、清潔が一番(‘ω’)ノ

結論:ねこはやさしい

 

 

とにかく、猫は優しい。

私たち人間も、猫のように優しく生きたいものです。

気まぐれでもいい、かわいいは正義。

もふもふは正義。

猫と遊ぶことは、私が実家に帰るときの大きな楽しみになっています。

余談なんですが、飼い猫以外にも野良猫がよく近くに遊びに来てるんですよね。

野良なのでおうちには入れられないんですが、叔父が毎日お世話しているみたいです。

猫がいっぱいで楽しい。

いにしえのしりあい

とにかく、猫は優しいんですよ。

大事なことなので、2回同じことを言いました。

5つのコツをマスターして、あなたも猫と仲良しになっちゃいましょう(‘ω’)ノ

※「ネコ飼いたい」でおなじみのバンドの紹介記事はこちら

【パンクロック2.0】ヤバイTシャツ屋さんという革命

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。