ゼロから始めるブログ運営

バズを有効活用!ファンを増やせる確実なバズツイートの作り方

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

あなたは、Twitterでバズったことがありますか?

Twitter歴8年の私ですが、実はこれまで1度もバズったことがありませんでした

今振り返ると、ウケを狙ったツイートはもれなくスベっています。

 

半日かけて作ったのにスベったネタツイート

そんな私でもついに、Twitterで狙ってバズらせる方法を確立させることができました

いきなり「1万RT」みたいな爆発的なバズを狙って起こすのは至難の業ですし、ぶっちゃけ運要素しかありません。

しかし、「同じ属性のユーザーにだけ共感を得るプチバズツイート」であれば狙って作ることができるんです。

さらに、この記事では一歩踏み込んで「ファンを増やすバズツイート」の作り方を紹介していきます。

「ちょwwwお前有名人じゃんwww」で終わらせてちゃ、マジでもったいないですよ。

なぜ、あなたはツイートをバズらせたいのか?

「目的」がハッキリしていれば、あなたもカンタンにプチバズを起こせるようになります。

それでは早速いきましょう(‘ω’)ノ

プチバズツイートの例①

 

当時の私の状況を、勢いだけでそのまま図解。

単にあるあるネタツイートをしたかっただけなので、深く考えずに投稿。

ツイートした時点ではそこそこだったものの、じわじわと伸ばして初の100ファボ超え。

伝えたかった内容自体はシンプルですが、思いの外かなりの共感を得ることができました。

プチバズツイートの例②

 

昨日思いついたばかりの最新ネタ。

このツイートに関しては、思いきって完全にバズを狙いに行きました。

iPhoneでぽちぽち画像編集していたので、所要時間はだいたい1時間くらい。

投稿後わずか1時間で100ファボ超え、その後も伸ばし続け現在は200ファボ以上まで伸び続けています。

素直にうれしい・・・(‘ω’)!

ツイートがバズった理由を分析

①のツイートはほぼ無自覚ながらも、あとあと見直してみるとバズる要因がちゃんと含まれていました

「なんでこんなに伸びたんだろう・・・?」

ちょっと気になったので、ガッツリ分析してみたんです。

なるほど、そういうことか。

コツがわかったところで、改めて「バズを狙って」投稿をしたのが②のツイート。

結果、バズは作れました。

また、基本的な考え方に関しては、こちらの有料noteを参考にさせてもらっています。

ありがとうございます!

バズは作れる!?バズ4回の私が教える、本当は教えたくないTwitterでバズる方法

note作成者:ほなさん(@mu_mk_re_trk)

ブログ「飲酒ROCK」

非常に再現性が高い内容で、私も実際に狙ってバズらせることができました。

フォロワー数が多い方なら、余裕で私以上のバズを生み出せるでしょう。

しかし、上記noteと同じ内容で記事を書いても当然面白くありません。

せっかくなので、ちゃんと自分で検証した結果をもとに導き出した方法を共有したい。

そこで私は、「バズの向こう側へ行くためのバズらせ方」の具体的なテクニックを解説していきますね。

①フルパワーで偏見を盛り込む

個人的には、「感情的なツイートをする」ことがバズるために一番重要なポイントだと考えています。

例①のツイートが特にわかりやすい例で、このツイートは完全に「感情ありきの内容」で構成されているんですね。

「WACK沼から抜け出せない!たのしい!!!」

このネタツイートで伝えたかったことって、実はたったコレだけなんですよ。

あとは、抑えられない感情をわかりやすく&的確に伝えるだけ。

例②のケースでは、わざと推しのアヤプリだけを特別扱いすることで「個人的な感情」を強調しています。

ちゃんと5人平等に紹介していたら、もっと幅広い層からの支持を得られたかもしれません。

でも、キレイに情報をまとめるだけが情報発信の手段じゃない。

偏見バリバリであったとしても、「好き」を本気で伝えようとしている内容の方が拡散したくなりませんか?

 

感情をそのまま晒して発信することが、共感を呼ぶための近道。

Twitterだけでなく、情熱を全力でぶつけることの重要性はブログの記事においても同様です。

※個人的な感想と偏見だけで構成、よしみのライブレポ記事はこちら↓

アヤプリ生誕!BiSのワンマンライブを観た~柏編~【I don’t know what will happen TOUR】

聖地凱旋!タワレコ八王子 BiSのインストアライブを観た

②流行りのネタに乗っかる

アレンジしやすいネタがブームになったら、バズツイートを発信するチャンス。

なぜなら、見慣れたテンプレートのおかげで内容をすんなり受け入れてもらいやすいからです。

Twitterで流行るネタというのは、とにかくメチャクチャ回転が速い

先週流行ってたネタでも、気付いたら一気に廃れているなんてことも日常茶飯事。

あんなに流行ってたのに、今やほとんど見かけなくなりました・・・(‘ω’)

なので、あなたの得意ネタがブームになるのを待つのもひとつの戦略としてアリでしょう。

例①のツイートで使った画像はかなり昔に流行ったネタの流用でしたが、伝えたい内容とマッチしていたため共感を得ることができました。

ぶっちゃけ細かく文字を読まなくても内容が伝わるので、気軽にファボやRTがしやすいんです。

そして例②では、今まさに流行っているネタを流用しています。

 

こちらが元ネタのツイート。

「初心者に向けて好きなアーティストを紹介」というテンプレートのため、今回私が発信したかった内容と完全にマッチ。

リアルタイムで流行っているネタに乗っかると、初見ユーザーのハードルが一気に下がって内容を読んでもらいやすくなります。

ターゲットに共感をしてもらうためには、入口を限界まで広げることが重要です。

流行を意識して初心者向けに書いた過去記事はこちら

【銘柄紹介】今話題の仮想通貨「NEM(ネム)」って何?ざっくりと解説します。

音ゲー初心者が5時間ぶっ通しでやってみた~グルーヴコースター4~

③バズの目的を明確にする

「なぜバズらせたいのか?」

という意識を持ってツイートするだけで、たとえ小規模でもあなたのバズは強い意味を持ちます。

私の場合であれば、バズを狙う目的は「大好きなコトの魅力をもっとたくさんの人に知ってもらうため」

当ブログの主旨とまったく一緒ですね。

なので、まずは「既存フォロワーの属性に合ったツイート」をすることが重要です。

最近は特に研究員(BiSのファン)のフォロワーさんが急増しているのと、私自身が実際にBiSにドハマり中であるためバズらせるネタは確定しています。

事実、プチバズを起こした例①と例②は、ともにBiS(アヤプリ)に特化したツイートです。

うわべだけのネタじゃ誰も共感してくれませんし、本気で「好き」なことじゃないとなかなか他の人には伝わりません。

ファボやRTをしてツイートを広げてくれるのは、今あなたが大切にしているフォロワーさんということを忘れないでください。

いきなり知らないユーザーを意識するよりも、既存のフォロワーさんに刺さるような「あるある」を発信することがコツです。

既存のフォロワーさんにもあなたのことを理解してもらえるきっかけになりますし、拡散してもらえると新しいフォロワーさんも自然と増えていきます。

私自身、例②のツイートをした一晩だけで、50人以上の新しいフォロワーさんを増やすことができました。

※「フォロワーを増やしたい」理由も同様、明確な目的が必要です。

1ヶ月でTwitterフォロワー数を1000人以上に増やします。

「バズ」はきっかけにすぎない

確実にプチバズを起こすコツ

  1. 強すぎるくらいの感情を込める
  2. 流行ネタに乗っかる
  3. なぜバズりたいかを意識する

かなりの強運とタイミングが必要になるので、大きなバズを意図的に作ることは難しいです。

しかし、ターゲットを絞った小規模のプチバズであれば誰でも作れます。

一番大切なことは、本気で好きなことや伝えたいことをテーマにすること。

さらにこの3点を意識してバズを狙っていくと、その後に増えるフォロワーさんもあなたのファンになってくれます。

どうせバズるんなら、その後の発信活動に活かせた方が良いに決まってますよね?

私のようなブロガーであれば、尚更です。

戦略的に「その先」を考えたバズツイートができると、あなたのコトバはよりたくさんの世界に広がっていきますよ。

※よしみのTwitter運用シリーズはこちら

ネット廃人直伝!発信者がTwitterで炎上しないための5箇条

今すぐ更新したくなる!Twitterを使ったブログネタの探し方

【Twitter廃人必見】いつものツイートをブログ記事にする方法

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。