最速ライブレポ

進化が止まらない。BiSのワンマンライブを観た~埼玉編~【I don’t know what will happen TOUR】

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

まさかの3日連続でBiS

飽きるどころか、ますます沼にハマっていっております。

ハマる前からこうなることは予測できてたけど、やっぱりライブとチェキの最凶コンボがすごい・・・

(なので、かつては意図的に在宅を貫いてました)

とにかく、BiSのライブは毎回カッコ良さが更新されていくんです。

BiSの全国ツアー3本目、今日は埼玉県。

近くのさいたまスーパーアリーナにも負けない、灼熱のステージを魅せてくれました。

観れば観るほどハマっていくグループ、それが今のBiSです。

それでは、ゴールデンウィーク特別企画第三弾のレポート記事をどうぞ(‘ω’)ノ

前日のライブレポートはこちら

都心の駅前野外フェス!「NAKANO Fresh Rock Festival 2018」に行った

これまでの最速ライブレポート記事まとめはこちら

即日更新!よしみの最速ライブレポート記事まとめ

みんなでつくる空間

昨日のライブ研究員のライブマナーがTwitterで話題になってしまっていて、少し悲しくなりました。

そのときに感じたことをTwitterで書きなぐったら、意外と反響があってビックリ。

BiSだけじゃなく、どんなジャンルのライブでも共通することだと思ってます。

 

 

 

 

BiSはいつも本気でライブをしてくれてるんだから、オーディエンスもその気持ちに答えなきゃ( ˘ω˘ )

規制でガチガチになるのは本末転倒だしマジでつまんないけど、そうならないように周囲への配慮は忘れてはいけません。

アイドルの中でもかなり多様な客層を誇るBiSだからこそ、もっと自由でみんなが笑顔になれるライブになってほしい。

ホッとしたのは、今日のBiSのライブが比較的平和だったことです。

多少の圧縮とかはやむを得ないと思うけど、研究員全員が楽しめる環境になったらうれしい。

会場「HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3」について

埼玉県のさいたま市と熊谷市、栃木県の宇都宮市の3拠点に系列店を持つ人気ライブハウス

(たまたまキャプチャ撮ったHPトップがROTTENGRAFFTYで少しテンション上がる)

今回BiSがライブを行ったのはさいたま市の「HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3」で、キャパは約350人

宇都宮の方には一度行ったことがありますが、さいたまは今回が初めてです。

ステージに高さがあるので、比較的後方でも見やすそう。

会場内にコインロッカーもありますが、今回は入場前にクロークを利用。

 

あのさいたまスーパーアリーナの近隣にあり、駅からも近くアクセスの良さはバツグンです。

近くにはコクーンシティという大型ショッピングモールがあるので、時間つぶしにも困りません。

また、今回は「ビバラガーデン」開催中だったので、けやき広場もかなり盛り上がってました。

 

同じタイミングで「ゆず」のライブも行われていたため、周辺がなかなかのカオス。

 

私が会場に着いた14時頃には、マジで枯れてました。

 

ライブハウス「HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3」の詳細

公式ホームページはこちら(さいたま・熊谷・宇都宮共通)

JR埼京線北与野駅より徒歩4分、JR京浜東北線/高崎線/宇都宮線さいたま新都心駅より徒歩8分。横断歩道を渡ってすぐにデイリーヤマザキもあります。

最高を更新し続ける新生BiS

 

曲順等は前回の横浜公演と同じなのに、常に進化を感じさせてくれる迫力のパフォーマンスでした。

何の曲が来るかだいたいわかっていても、イントロが流れた瞬間の空気の変化で「おぉ!」とさせられます。

聴かせる曲はしっかりと聴かせ、踊らせる曲では一気にフロアの一体感をつくり出す。

メリハリの効いたライブパフォーマンスで、何度観ても飽きることがありません。

次がMCと明らかにわかっているのに、曲間で「このフォーメーションは!?」と毎回ボケを飛ばしてる研究員も個人的には好きです。

また、ワンマンの醍醐味といえばライブのMCコーナー。

アヤちゃんの妙に尺が長かった謎の怪談話、ぶっちゃけスベってたけどかわいいから問題ないです(スベリ方に勝手な親近感を覚えた)。

2度目のMCでは一転して、ペリちゃんのエモい話

良い結果にするもダメにするも、いつだってそれは自分自身で決めていくこと。

BiSであることへの強い覚悟は、ライブを観ていても5人全員から毎回伝わってきています。

これからのBiS、絶対に目を離してはいけません。

ペリちゃんのMCの余韻をそのままに、今回も最新シングル3部作を立て続けに歌い、えげつないほどの熱気を残して本編を終える。

ラストの「パプリカ」では、メンバーと研究員が一緒になってスクワット。

ある程度ポジションを把握して臨んだものの、わずか数センチだけアヤちゃんに届かず・・・(‘ω’)

(今日はライブ後にお会いできたフォロワーさんがアヤちゃんを支えてました)

やっぱりBiSが一番カッコ良い!

 

恒例のチェキ会報告

学習能力ゼロです。

 

「美人は3日で慣れる」って言ったヤツ、ちょっと表出ろ(迫真)

慣れるどころか完全にハマってしまってるんですが、もう私は沼から抜け出せないんでしょうか・・・

うっかり道を踏み外して、ガチ恋勢にだけは堕ちないように気をつけます(まだ大丈夫)。

アヤちゃんがかわいすぎるのはどうしようもできないので、せめて平凡ピース一択からは卒業したいところ。

(流れが速すぎてしゃべるので精いっぱい)

ただひとつだけ、今日のチェキ会でアヤちゃんと「ある約束」をすることができました。

はたしてよしみは、いったいどんな約束をしたのか?

次回のアヤプリ生誕祭、5月2日の柏公演最速レポートをお楽しみに!(宣伝)

パプリカチャレンジ(‘ω’)ノ

※追記:柏公演の最速レポートできました!

アヤプリ生誕!BiSのワンマンライブを観た~柏編~【I don’t know what will happen TOUR】

5人のBiSを見逃さないで

 

3日連続でライブを観に行って私が一番感じたのは、BiSのライブが毎日確実にパワーアップしているということ。

こんな続けて観ても飽きるどころか、毎回心を打つライブをしてくれてるってマジでスゴくないですか?

今日行ったばかりなのに、また明日もBiSのライブを観たいってすぐに思います。

 

あぁコイツもう手遅れだ

昨日の中野で観た野外ステージ、一昨日の横浜で観たワンマンライブ。

もちろん、どれも「その瞬間で最高のBiS」であることに間違いはありません。

しかし、今日のライブでまた「最高のBiS」を更新してくれました。

新体制による心配や不安よりも、ライブを観ていると今のBiSにはワクワクしかしない。

WACKやアイドルといった枠を超えて、今まさにリアルタイムの成長過程をライブで目の当たりにできる最強のグループがBiSです。

次のライブは全国ワンマンツアー4本目、千葉県・柏公演。

5月2日。

BiSが誇る圧倒的エース、アヤ・エイトプリンスの生誕ライブです(‘ω’)ノ!

当然、アヤ推しの私がスルーするわけがありません。

この日のために、広島の実家に帰る予定を直前でズラしました。

いろいろと狂ってる。

中1日空いてのライブですが、また一歩オトナになるアヤちゃんのパフォーマンスがメチャクチャ楽しみです。

 

画伯としてのレベルもアップ・・・(‘ω’)?

(このシリーズ、なかなかクレイジーな画風で好き)

今の5人のBiSが観ることができるのは、あと1ヶ月の間だけ。

チケットを入手できた研究員は、しっかりとその姿を目に焼けつけましょう。

気を抜いてると、BiSは勝手にとんでもない勢いで進化をしていきますよ( ˘ω˘ )

これはヤバイ(語彙力の消失)

ツアー再開!BiSのワンマンライブを観た~横浜編~【I don’t know what will happen TOUR】

都心の駅前野外フェス!「NAKANO Fresh Rock Festival 2018」に行った

アイドルを独占!「WACK MUSEUM」のVRライブ体験が神ってた

人気プロブロガー&プロゲーマーCaptainJackさん主催の「ジャックナイト新宿」、よしみも参加します('ω')ノ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。