次世代の働き方

あなたの経験談を100円から販売!第二次有料noteブームの到来

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

Twitterを見てるとブロガー界隈で最近アレが流行ってますよね、アレ。

そうです、有料noteです。

実はこの有料noteブームって、私の知る限りでは2回目なんですよ。(2016年頭にもよく見た)

「なんで、今更また有料noteが流行ってるの?」

私も、最初はフシギに感じていました。

でも、時代の流れを考えるとごく自然な流れだったことに気付いたんですね。

これまで以上に、個人による発信の価値にみんなが気付き始めたんです。

Twitterやブログを見れば、さまざまな有益な情報が100円単位でバンバン飛び交っています。

あなたの失敗談や実績、好きなことのノウハウなどすべての経験に価値が生まれて気軽にシェアしあえる世の中。

コレって、メチャクチャ良い流れじゃないですか?

有料noteブームが再燃した要因、今だからこそ有料noteをどんどん使っていくべき理由を紹介していきますね。

有料noteは信頼が命

「結局有料noteって、ただの情報商材なんでしょ?」

有料noteと聞いて、このような悪いイメージを持たれている方も多いでしょう。

確かに、「何らかのノウハウを文章として販売している」という点では共通していますね。

じゃあ、なんでいわゆる「情報商材」だけが怪しい印象を持たれるのでしょうか?

理由はカンタン。

販売してる側がどんな人なのか、イマイチ見えてこないモノが多いから怪しいんですよ。

その点、noteには書き手の人柄が見えやすいという利点があります。

ブログのように検索流入が期待できないため、TwitterのようなSNSで宣伝することがほぼ必須です。

ということは、「誰がこの商品を売っているか」という点がかなり明確になりますよね。

目先のお金を奪うことしか考えてないような詐欺まがいの内容だと、販売者自身の信頼がなくなるので確実に商品も売れなくなります。

逆に言えば、「この人が書いた情報ならお金を出してでも買いたい!」と考える方が多いはず。

販売者の普段の人柄や、導入文にもなる無料ページの文章で得た読者からの信頼が、そのまま売上に直結する。

読者のことを思って記事を書くことで少しずつユーザーの信頼を得るという点では、ブログとまったく同じ考え方です。

仕事や生き方に苦悩する20代へ。あんちゃ著「アソビくるう人生をきみに。」

「副業」から「複業」の時代へ

最近、「副業解禁!」みたいなニュースが急に増えてきました。

会社員の副業が急増、副業フリーランス4年で3倍、経済規模は約8兆円——副業収入は平均74万円

※BUSINESS INSIDERより引用

かつてはサラリーマンとフリーランスで二極化されている傾向がありましたが、近年ではその境目が薄まりつつあります。

更に、今後「給料を与えられる側」であるサラリーマンの立場が苦しくなってくることは明白。

だからといってフリーランスを手放しで推奨するわけではありませんが、単純にひとつの働き方にこだわる思想はキケンです。

会社に安定志向を求めると、就活の時間をムダにします。

賢明なサラリーマンでしたら、必然的に「副業」をはじめようとしますよね。

ですが、ブログだけで収入を得ようとすることはメチャクチャ時間がかかります。

(ぶっちゃけ私もまだほとんど収益がないです)

なので、気軽に1記事からでも収益化が望める有料noteに流れが来るのではないかと予測しています。

サラリーマン経験を活かし、より「複業」として実体験のノウハウを絡めた商品を作れるという強みもありますよ。

商品を売るという価値

個人が情報を発信する方法としては、以下のような手段が主となっています。

  • 個人ブログ
  • TwitterやFacebook等のSNS
  • 大手メディアへの寄稿
  • ネットラジオ等の音声プラットフォーム

「ブログだけ!」とか「Twitterだけ!」みたいな方も、実際かなり多いでしょう。

今やインターネットさえ使えば、何者でもない個人であってもカンタンに情報発信ができるようになりました。

もちろん有料noteもこれらと同じように、個人が気軽に情報発信できる便利なツールです。

しかし、自分に価格をつけて発信できるという決定的に違う大きなメリットが有料noteにはあります。

「私なんかの情報、わざわざお金払って買ってくれる人なんているのかな・・・」

確かに不安ですよね。

もちろん、貴重な時間を削って必死に書いたnoteなので売れるに越したことはありません。

でも、noteの場合は面白いことに仮にひとつも売れなくてもデメリットが一切ないんですよ。

お金を払ってもらえるような商品にするんだ、という意識を持って執筆することが文章力アップにもつながります。

このへんはブログにも通じる部分がありますが、ひとつの文章を生み出す行為そのものがあなたの資産になるんです。

ブログを続けるためによしみが行う、たった5つのモチベーションアップ術

あなたが価値になる優しい世界

私自身も当初は疑った目で見ていた、第二次有料noteブーム。

ですが、尊敬する多くのブロガーさんが販売を始めたのをきっかけにいくつか購入してみたんです。

コレ、ホントに数百円でいいの・・・?

ただ単に情報を集めるだけだったら、無料でもそこら中に転がっていることは確かです。

しかし、有料noteという「ひとつの商品」として執筆された内容の方が圧倒的に効率が良いことに気付きました。

もちろん、私自身もメチャクチャ人を選んで有料noteをいくつか購入しました。

今や、芸能人やアスリートでもない一般人にも数万人単位の「ファン」がつく時代。

これまで無価値だと思い込んでいた「あなたの等身大な経験談」に価値がついて、お金という対価を払ってでも必要としてくれる誰かが存在する。

コレって、メチャクチャ優しい世界だと思うんですよ。

与えられるだけじゃなく、あなたも気軽に価値を与える側になれる。

有料noteをうまく使えば、お金を払うことで作者に「良かった!」という気持ちを直接伝えることができるようになります(‘ω’)!

よしみも有料note作ってます

ここまで有料noteについて語ったからには、私も価値を与える側にならないと示しがつかない!

ということで、私よしみも現在まさに有料noteを執筆しております。

内容は、ブログの記事でも何度か触れているTwitterの運用方法に関するテーマです。

導入文と目次まではほぼ完成しているので、あとは本文をしっかり書き上げるだけ!

順調に完成すれば、4/14(土)の夕方~夜頃には公開予定です。

Twitter廃人必須の内容になってますので、乞うご期待(‘ω’)ノ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。