ゼロから始めるブログ運営

【Twitter廃人必見】いつものツイートをブログ記事にする方法

こんにちは、よしみ(@saltrice1225です。

Twitter、活用してますか?

ブロガーさんの大半は、Twitterもよく利用していますよね。

ブログと違って短文でバンバン発信でき、リアルタイムでリアクションが帰ってくるので非常に便利なツールです。

パッとすぐに発信したいことはTwitter、じっくり練った話を発信したいときはブログという形で使い分けている方も多いでしょう。

単純にブログの記事を書き上げるよりもラクなので、私もついついTwitterに逃げがちです。

「Twitterやる時間で、一本でも多くブログも更新できたらいいのにな・・・」

実は、Twitterのつぶやきを使ってブログの更新をラクにする方法があるんですよ。

いつものツイートを引用してくるだけでネタは尽きませんし、何よりも執筆時間の短縮につながります。

実際、どんな感じでツイートをブログ記事に活用しているのか?

この方法を実践できるようになると、Twitterをやめることなくブログの更新頻度を各段に伸ばせますよ(‘ω’)ノ

普段のメモ代わりにツイート

普通に生活しててぼんやり考えたり、タイムラインを眺めてると何か感じることって必ずあります。

あなたは、思いついたアイデアを忘れたくないときってどうしますか?

紙のノートやスマホのアプリ等を使って、その場でメモを取るという方が多いんじゃないでしょうか。

そのメモ、ぜんぶTwitterに投稿にしちゃえばいいんです。

え、まとまってないメモ書きを公開するのは恥ずかしい?

「腹減った~」みたいな誰が興味あんねん的な発言であふれるような場所なんですから、今更恥ずかしがる必要なんて一切ありません。

どうせ後からブログのネタにする内容なので、先行して小出しにしておいた方がいろいろとはかどります。

「そもそもネタの探し方がわからない!」という方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

今すぐ更新したくなる!Twitterを使ったブログネタの探し方

思考を箇条書きにまとめる

でも、やみくもに思いついたことをつぶやくだけではダメです。

※ダメなツイートの例

たとえばコレ、結局何が言いたいのかサッパリわからない典型的な日常ツイートです。

ツイートを後からブログのネタにしようと思えば、ちょっとしたテーマを定めてつぶやくことがコツ。

あなたが何を主張したいのかを明確にしてからツイートをすると、見返したときに作業がしやすくなります。

手っ取り早い方法として、箇条書きにまとめてツイートするとかなりラクですよ。

「睡眠不足で作業すること」という、ひとつのテーマから話を広げて箇条書きでまとめています。

実際はただのネタツイートなので記事にするつもりはありませんが、もし記事にするならこんなテーマでネタにできそうですね。

  • 睡眠時間が生活に及ぼす影響について
  • 作業を効率化したければちゃんと寝るべき
  • なぜベビースターラーメンはこぼしやすいのか

あらかじめ単純なテーマを決めておいて、メチャクチャ小規模の主張ネタをツイートすると後から記事にしやすいです。

何か思いついたら速攻で脳内をまとめて、その都度ツイート。

「鉄は熱いうちに打て」という言葉もあるように、即行動して継続することで自然とアタマも慣れてきますよ。


こんなクソツイートばかりしてても誰の役にも立ちませんし、そもそも反応されないのでTwitterクソスベリ芸人になるだけです。

(それでも私はたまにやってます。)

自分のツイートを引用して掲載する方法

実際にツイートをブログのネタにするときは、過去のツイートをそのまま引用するとサクサク記事が書けます。

この記事でも、私がよくやってるようなやり方です。

やり方がわからない!という方のために、「ツイートをブログ記事に貼り付ける方法」をカンタンに説明しますね。

まず、前提として作業はパソコンですべて行います。

①Twitterでマイページを開く

ページ左側に表示されているTwitterID(名前でもOK)をクリックすると、マイページが開けます。

②引用したいツイートを選択

引用したい自分のツイートを決めたら、ツイート右上のマークをクリックして詳細を開きます。

するとウィンドウが表示されるので、「ツイートをサイトに埋め込む」を選択してください。

③コードをブログ記事作成画面に貼り付け

埋め込み用コードが表示されるので、コピーしてブログ記事作成画面に貼り付けます。

たったこれだけでOK!

単純ながらもメチャクチャ便利なので、ぜひとも活用してみてください。

 

記事にツイートを埋め込むコツ

ある程度ツイートがたまってきたら、あなたが主張したいテーマを決めて記事を作成しますよね。

主張というと大げさですが、テーマは別になんでもいいです。

「この前行ったライブが楽しかった!」

とか、そんなレベルでも十分記事にできるので問題ありません。

実際私も、BiSのイベントが楽しかったというだけで以下のような記事を書いてます。

在宅研究員でも安心!BiSのイベントでチェキ会初体験してきた。

このレポート記事も、Twitterのつぶやきをメチャクチャ引用して作成しました。

実際にどんな感じでツイートを埋め込んでるのかという点もわかりますので、参考に読んでくださるとうれしいです。

コツとしては、

  • テーマに沿った「読者のメリット」をひねり出す
  • 似た領域のツイートをまとめる
  • 写真もそのまま引用

このへんを意識しておけばどんなツイートでもブログ記事に活かすことができます。

さらに、先ほど説明した「箇条書き戦法」をしておくと、そのツイート自体を記事本文のまとめとして流用することもできるんです。

貼り付けるだけで内容をサラッとまとめられるので、カンタンに読みやすい記事にできますよ。

また、逆にツイート主体の記事を完成させることも可能です。

私の場合、セミナーイベントのレポート記事は完全にTwitter主導で記事を作成しています。

記事内容の大半をTwitterでのつぶやき主体でまとめているので、とにかくエグいスピードで記事が書けますよ。

(もちろん、事前にある程度の準備はしてますが・・・)

そのときの実際の記事はこちら。

「ブログでメシを食う女のゲスいブログ話withあんちゃ」最速レポート

30名近くのブロガーさんが参加されていた中、私が最速でレポート記事をアップしました(‘ω’)

このように、イベント終了直後でも当日中に数千文字を超える記事を完成させることも可能なんです。

Twitterは最強のメモ帳

Twitterばかりやってるとブログの更新がめんどくさくなる、そんなときもありますよね。

それなら、ツイートをそのままブログの記事にすればいいじゃん!

いろいろ私なりに研究した結果、ムリせず運用できる方法をまとめることができました。

  1. 脳内を速攻でツイート
  2. 箇条書き等テーマに沿ってつぶやく
  3. 埋め込み機能を使う
  4. ツイートをベースに記事をつくる

いつものようにツイッター廃人やってるだけでも、カンタンにブログの更新に役立てることができます。

ブロガーにとって、Twitterはメモ帳機能としてメチャクチャ優秀なんです。

レポート記事にいたっては、Twitterを使うだけで一瞬で書けるようになります。

日常のネタでもちょっぴりブログを意識してツイートするだけで、あなたのブログの更新頻度は劇的に変わるでしょう。

ブログの息抜きにTwitter、マジオススメです。

炎上には気をつけて(‘ω’)

ネット廃人直伝!発信者がTwitterで炎上しないための5箇条

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。