音楽コラム

在宅研究員でも安心!BiSのイベントでチェキ会初体験してきた。

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

実は先ほど、遅すぎる初体験をしてきました。

そう、チェキ会デビュー。

あと、もうひとつ言わせてください。

アヤ・エイトプリンス、マジでハンパない。

私よしみが以前から推している、BiSというアイドルグループのリリースイベント&特典会に行ってきたんです。

そして、せっかくなのでとノリだけでチェキ会というモノに参加しちゃいました。

「グループは好きだけど、ライブはオタクばっかりだしちょっと・・・」

「面白そうだし一度は行ってみたいけど、正直ハードルが高い」

私も、10年近くアイドルの現場から離れてここ数年はロックバンドのライブばかり行ってたんです。

ですが、今回勇気を出してアイドルのライブに復帰してみたことは正解でした。

ほんのちょっとでもBiSに興味があるそこのあなた、楽しいから迷わずライブに行くべき。

今のアイドル現場って、どんな雰囲気なの?

チェキ会って実際、何をやってるの?

興味はあってもなかなか足を踏み入れられない、そんなライト層のファンもたくさんいるでしょう。

不安なのは最初だけ、イベントが始まってしまえば初見でもメチャクチャ楽しめますよ。

今回私が参加したBiSのリリースイベントとチェキ会のレポートと称して、バリバリの主観で説明していきます。

客層はどんな感じ?

アイドルオタクってぼっちが多いのかと思いきや、最近若いファンが増えてきたことでやたら群れてる中高生みたいな集団って多いんです。

AKB界隈で「ピンチケ」という学生ファンを揶揄する用語もあるように、昔に比べてアイドルオタクの年齢層が割と入れ替わってきている印象。

BiSを筆頭としたWACKグループのファン層でいうと、私のようなライブキッズも兼任してるようなファンも多い雰囲気がありました。

(列に並んでたとき、「TOTALFAT」「ヤバT」みたいな聞きなじみのあるワードが耳に入る)

あと、ガチ勢なおじさんたちは案の定見た目がイカツいです(絶対に根はやさしい)。

なので、どちらかというとぼっち参戦は少数派な印象。

とはいえ、ライブやイベントが始まってしまえばまったく問題ありません!

曲の振り付けも独特なので最初は戸惑うかもしれませんが、みんなでやる部分は覚えやすいのですぐ溶け込めます。

【パンクロック2.0】ヤバイTシャツ屋さんという革命

特典会の参加券はCD予約でゲット

同じCDを大量にまとめ買いする現象、おそらくほとんどがコレです。

私のような初心者やライト層からしたら、特典会のシステムというものはメチャクチャハードルが高く感じますね。

アイドルファンにとってはもうすっかりおなじみの商法ですが、要はCDを購入(今回は予約)した枚数だけ握手や2ショットチェキができるなかなか凶悪なシステムです。

今回のBiSのイベントも同様で、CD2枚でメンバー1人と個別チェキが撮れるというシステム。

他にも枚数によって一緒にチェキを撮れるメンバー数が変わったり、好きな組み合わせで撮れたりとパターンは豊富でした。

今回チェキ初体験の私は、とりあえずメンバー1人との個別チェキに挑戦します。

なので、初回限定盤B(1st・ライブDVD付き)と通常盤(2nd)を1枚ずつ合計2枚を購入。


今回はシングル発売前で予約注文扱いだったので、フラゲ日にタワレコ渋谷まで受け取りに行きます。

楽しみ╰(‘ω’ )╯

BiSはライブがアツい


直接ライブ観る前から知ってたけど、やっぱり生のライブはカッコイイ!

ラストの「レリビ」、ラストサビには私の近くでサークルモッシュが発生してました。

そりゃもちろん、一緒に右回りしちゃいますよね。

しかも、ノートパソコンが入ったリュックを背負ったまま。

※BiSのライブは初見です。ノートパソコンも無事でした

さすが、百戦錬磨のライブキッズ(自称)!

しかし、事前にアナウンスでもあった通り一応モッシュ等は禁止らしいです。

とはいえ、ライブハウス育ちの私からしたら、自然とモッシュが発生したことに少し安心感を覚えました。

あれだけBiSがカッコ良いライブをしてくれてるんだから、研究員が高まらない方がおかしい。

途中の「SOCiALiSM」でも、小規模モッシュが発生。

ライブハウスのノリで新参者の私がモッシュし返してしまっても、笑顔で返してくれた先輩研究員の皆様は優しかったです。

また、ライブ中でも撮影OKだったので私も何枚かチャレンジしたのですが、観るのに集中できずうまく撮れたのは数枚だけ。

アヤ・エイトプリンス(よしみの推し)

やや前方の中央を確保できていたこともあり、ガチ勢とライブ慣れしてなさそうなライト層が良い感じに混じったエリアでした。

最初は気まずくてもライブが始まれば居心地が良くなる、そんなライブフロアが大好きです。

しかも、ベテランっぽい研究員が先陣を切ってコールで盛り上げていたのが最高。

なんだかんだで、アイドル現場のフロアもまだまだ経験豊富なおじさんたちが支えてるんだなと改めて実感しました。

ネット上で流れてる「BiS現場は荒れる」みたいなウワサなんて、ガセですよ。

実際は、新参者の私がぼっちで参加してもメチャクチャ楽しめる良い現場でした。

ライブキッズがリュックに大量のラババンを付ける7つの理由

チェキを撮るメンバーをランダムに決める

ライブが終わると、おそらくメインイベントであろう握手会&チェキ会が始まります。

チェキを撮るメンバーを選べるシステムなので、あえてここはランダムで選びました。

はたして、結果は・・・

見事、推しのアヤ・エイトプリンスを引き寄せる!

これはもう運命、いやランダムが持つパワーです。

ランダムは、心の奥底にある感情まで表してくれました。

最短最速!次世代のランダムグルメアプリ「SHACA SHACA!!」

直撃!チェキ会現場の真相

実際、アイドルのチェキ会ってどんな感じなの?

名前だけはよく聞きますが、アイドルオタク界隈にそこまで詳しくなければ意外とイメージしにくいですよね。

もちろん、私もほぼ前知識ゼロで突撃してます。

なので、整列時にわざと後ろらへんに並んで、先にチェキを撮ってる研究員を観察してました。

  • ポーズは割とバラバラ
  • 雑談の内容は聞こえない

うん、わからん。

となると、ほぼぶっつけ本番に近い。

ランダムのはずがキッチリ推しを引き当ててしまったこともあり、さすがに緊張。

  • チェキ会自体に初めて来た
  • 今日の感想をブログ記事にする
  • 完成したらリプライで送る

とりあえず、最低限この3つだけでも伝えようと事前に決めました。

んで、あっという間に私の番。

後ろの方にいたつもりが、実際は割と早い順番で並んでたみたいです。

結果、時間短っ!

5秒しか持ち時間がなかったんじゃないのか、って錯覚しました。

でも、さすがアヤ・エイトプリンス。

初対面の新規でも距離感が近く、一気に引き寄せられます。

しかも、フツーにアヤプリ側から腕組んだり手を掴んだりしてくれました。

プロのアイドルや・・・

会話に関しては頭が真っ白で何言ったか覚えてないのですが、たぶん質問にちゃんと返せてないです。

あと、今日わかったことがひとつ。

イベントで話をするとき私があわあわするのって、緊張よりも制限時間が短いことへの焦りが原因の大半を占めてると気づきました。

口が頭に追いつかないので、最終的に自分が何を言ってるのかよくわからなくなってます。

なんとか

「今日のことブログに書いたらリプライ送る」

と伝え、最後の数秒で成功・・・

そういや私、名前を言ってなかった。

しかし、アヤプリ側が逆に「名前教えて!」と聞いてくれるというスーパーファインプレー。

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

(こんな風にTwitterアカウントも飛ばしたい)

超ギリギリでしたが、とりあえず最低限はクリア・・・?

そして、実際に撮ったチェキはこちら。

都合上隠してますが、実際はメチャクチャ顔を寄せて撮ってくれました。

顔出しできないタイプのブロガーで、逆に良かったです・・・(‘ω’)

まとめ・BiSのイベントは初見でも最高

やっぱり、音楽は生で体感するのがいちばんでした。

勢いだけで今回のイベントに初参加しましたが、なんで今まで行かなかったんだろと後悔するレベルです。

もともとBiSが好きで楽曲や映像作品は観ていたので、当然ライブも知ってる曲ばかり。

ライブ、楽しい・・・

いろんなアイドルのライブがある中、私がどうしてもBiSのライブを推したい理由はちゃんとあります。

  • 楽曲やメンバーのパフォーマンスが痺れるくらいカッコ良い
  • 初見でも覚えられる振付もあってすぐに参加できる
  • アヤ・エイトプリンスがとにかくかわいい

偏見やいろんな障壁を感じて、まだアイドルの現場に行ったことがないあなた。

今すぐBiSのライブに行って、絶対に世界変えましょう(‘ω’)ノ

※このライブに参加したことをきっかけに、見事WACK沼にハマっていきました。

BiSH流・孤独との向き合い方。モモコグミカンパニー著「目を合わせるということ」

アイドルを独占!「WACK MUSEUM」のVRライブ体験が神ってた

7人体制ラストライブ!GANG PARADEのチェキ会に行ってきた

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。