次世代の働き方

うつ病こそ遊び尽くせ!休職中に生まれ変われる3つの過ごし方

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

休職中って、今までじゃ考えられなかったような自由時間ができるわけですよ。

「他の休職してる人って、どんな過ごし方をしてるんだろう・・・」

ポチポチとGoogle検索をしていると、こんな記事を発見。

新人がたった一度の叱責で休職、遊興生活をSNS投稿し組織崩壊寸前に!/週間ダイヤモンド

うんまぁ、言いたいことは概ねわかります。

こういうイキったウェーイ系のバカに限って、SNSで本名と顔と恥を積極的に晒しがちですよね(そこではない)

ただひとつ、どうしても引っかかるところがありました。

うつ病で休職中の人が海外旅行に行くことって、いったい何がダメなの?

私としては、「条件はあるけど全然アリ」だと考えています。

余計な仕事をしなくてもいい休職中の時間だからこそ、自分をしっかりと見つめ直せるチャンスなんですよ。

クソみたいなメンタルの病気に負けないためには、徹底的に遊び尽くせるようになることが大切です。

休職中に旅行に行くのはアリ?

「自分らはアイツの分まで必死になって仕事してるのに、アイツだけ勝手に休んで旅行に行くなんて許せない」

こんな思考を持つ残念な人、ホントに多くて呆れます。

確かに、誰かが休職をすることによって、残されたメンバーに多くの負担をかけてしまうでしょう。

そんなこと、言われなくても知ってます。

ですが、休職なんてそうカンタンに決断できることじゃないんですよ。

  • 給与が入ってこないorかなり減額される
  • 出世の道がほぼ100%断たれる
  • 傷病手当金等の手続きがメチャクチャ面倒
  • 復職できたとしてもかなり気まずい

ざっと挙げただけでも、これだけたくさんのリスクを自ら背負うことになります。

私自身も現在休職をしていますが、正直メチャクチャ悩みました。

優しくて頼れる先輩ばかりにお世話になったからこそ罪悪感でいっぱいですし、本当に申し訳ないと感じています。

なので、自分たちは休みたくても休めないのにと、ついついグチをこぼしたくなる気持ちもわからなくはありません。

面白くない仕事を4年続けた結果、攻めの休職はじめます。

ですが、休職を選んだ側の人間だって、同じように毎日精神すり減らしながら自分と戦ってるんです。

特にうつ病のようなややこしいメンタルの病気だと、単純に自宅で安静にしておけば治るなんてことはまずありえませんし、確実に悪化します。

「うつ病になったら好きなことができなくなる」というのは誤解があって、「好きなこともわからなくなるくらい悲観してしまう」という方が近いでしょう。
(あくまでも私自身の感覚ですが・・・)

そう、逆のロジックですよ。

好きなことすらできない状況のままなら、たとえ仕事に復帰してもホンキになれるわけがない。

だからこそ、まずは「何かを楽しむ感覚を思い出す」ことが、回復に向けての第一歩だと考えています。

海外旅行でもなんでも好きに動けばいいんです、目的さえちゃんと自覚していれば。

休職の意味、ホントにわかってますか?

ただ、絶対に勘違いしてほしくない大事なことがひとつ。

「何かを楽しむ=ただ好き勝手に遊び呆ける」ということではありません。

むしろ、それができるレベルなら休職なんて遠回りをせず、さっさと復職か退職をしてください。

休職という制度は、あくまでも「ちょっと休んで、また元気になったら仕事がんばってね!」という猶予期間にしかすぎません。

なので、休職中には以下の優先順位を意識して猶予期間を過ごすべきなんです。

  1. 休職に追い込まれた原因を知る
  2. カラダとメンタルを回復させる
  3. また働くために準備をする

休職期間に入るということは、今まで会社での仕事に充てていた時間がすべて自由になります。

なら、まず最初に何をするべきか?

とにかく、自分と向き合いましょう。

フツーの会社員とかだと「そもそもそんな時間がない!」とか言って向き合わない人が大半なので、一気に差をつけることができますよ。

これまでの仕事の何が苦痛だったのか、どういう働き方や環境なら自分は生きていけるのか。

回復してからの働き方を考え直せるだけではなく、メンタルの病気を抱えている場合は病気の克服にもつながってきます。

自分の長所がわからない、何が得意なのか知りたいというあなたには、以下の記事で解説している「グッドポイント診断」の結果も参考になります。

5つの長所が無料でわかる!脅威のサービス「グッドポイント診断」

自分を見つめ直した結果として復職するも良し、転職して心機一転するも良し、会社員を辞めてフリーランスに転身するも良し。

自分のコトを理解できていないまま「もういける!」と先走って復職をしてしまうと、また同じことを繰り返してしまいますよ。

で、具体的にはどんな風に過ごせばいいの?

似たようなワードで検索すればいろいろ出てきますが、どれもこれも生活感のない回答ばかりで参考になりませんでした。

そこで、私よしみが実際に現在行っている過ごし方・・・

いや、「遊び方」を3つ紹介します。

遊び方その1.外に出る

休職中だからといって、ずっと部屋に引きこもっていたら余計にメンタルがやられます

カラダの症状が落ち着いてきたら、多少ムリヤリでもいいので外に出ましょう。

ついつい引きこもりがちになる休職期間だからこそ、買い物でもひとりカラオケでもなんでもいいので外の世界に触れることが大事になります。

また、可能であれば人と会う機会を積極的につくっていくのがオススメです。

天気が良ければ、何も考えず外を散歩するだけでも気分がスーッと明るくなるはず。

遊び方その2.好きなことにハマる

「もし時間があったら、あんなことにもチャレンジしたいな・・・」

フツーに会社員をしていたら、「時間のなさ」を理由に諦めてしまいがちなことってたくさんありますよね。

休職中なら、あなたが諦めたアレも全力で取り組めますよ

プログラミングや語学のようなスキルをじっくり勉強しても良いですし、「一日中ゲームする」みたいなことでも全然アリです。

好きなことに没頭できるようになってくると、メンタルもかなり落ち着いてくるんじゃないでしょうか。

ここで身につけた能力が仕事にも生きるようになれば、なおさらハッピーですよね。

遊び方その3.ブログをはじめる

マジで、コレが最強。

なぜなら、ブログを続けるだけで、休職中にするべきコトをカンペキにこなせているからです。

  1. 記事を書くため好きなコトを徹底的に調べられる
  2. 自分の脳内を文字にして整理できる
  3. ネタ探しをするため外に出るようになる
  4. ブログを通して新しい人と関わる機会が生まれる
  5. 軌道に乗れば収入も生まれて生活スタイルの幅が広がる

これはもう一種のドーピングですよ。

うつ病で休職している人は、今すぐブログを始めましょう

最初は誰も読んでくれませんが、長く続けるだけでもブログは必ずあなたの財産になります。

なかなかブログが続かないなぁというあなたには、以下の記事が参考になるはずです。

ブログを続けるためによしみが行う、たった5つのモチベーションアップ術

遊ぶときの注意点

休職中だと周りの目が気になって思うように動けない、そんなあなた。

現在の日本では、まだまだうつ病や休職者に対する偏見がまだまだ残っています。

「なんでもかんでも好きにやればいい!」というわけじゃないことは、賢明なあなたであればもちろん理解しているでしょう。

休職期間を遊び尽くすために、何を気を付けるべきなのか?

少なくとも、以下の項目さえ気をつけておけば大丈夫です。

  • 休職している目的をしっかり考えて行動する
  • 就業規則や社内規程を読み込む(できれば印刷)
  • 個人情報をむやみにインターネット上で公開しない
  • 生活リズムを崩さない
  • 通院や会社との必要なやりとりをおろそかにしない

傷病手当金のようなお金回りのことを徹底的に調べておくことはもちろん、「余計なコト」をしないことも大事です。

仮に退職するつもりだとしても、休職中の場合はまだ「その会社の社員」。

SNSで会社の陰口を叩いたり、個人が特定されるような発言をすることは絶対にやめましょう。

とにかく、ブレないでください。

結論:休職中の過ごし方で未来が変わる

  1. 休職中に旅行へ行くこと自体は悪くない
  2. なぜ休職しているか目的をハッキリする
  3. 休職中のブログはマジオススメ

休職期間というものは、どうしても孤独になりがちで不安なことだらけ。

私よしみも当然はじめての休職ですし、正直まだまだわからないことばかりです。

ただ、今のところはそれなりに楽しめているのかなぁという実感があります。

休職することで生まれた、自由な時間。

ひとりの人間が使える時間は有限ですし、できるだけムダにしたくありませんよね。

ただダラダラと時間を浪費して一日を過ごすのか、それともフツーの会社員ができない経験を勇気出して自分から掴みにいくのか。

いちど休職をしたからといって、別にあなたの状況が悪くなるとは限りません。

休職という猶予期間を終えたとき、戦略的に遊び尽くす経験を積めたあなたは、確実に昔よりも強く生まれ変わっているはずです。

転職という道を歩もうとしているあなたには、私よしみも実際に利用したリクルートエージェントが役に立ちます。

リクルートエージェントなら、じっくりとホンキの転職が実現できます。

フリーランスを志すあなたには、ブロガー・あんちゃさんの著書「アソビくるう人生をきみに。」が参考になりますよ。

仕事や生き方に苦悩する20代へ。あんちゃ著「アソビくるう人生をきみに。」

人気プロブロガー&プロゲーマーCaptainJackさん主催の「ジャックナイト新宿」、よしみも参加します('ω')ノ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。