音楽コラム

見える世界が広がる。カラーだけじゃないアイドルメンバーの覚え方

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

近頃、テレビを見てるといろんなアイドルグループが出てきてますよね。

AKB48を筆頭とした48グループに留まらず、毎日のように新しいアイドルが登場しています。

「みんな同じような顔だし、誰が誰だかわからんわ!」

ですよね!!!私もわからん!!!

とはいうものの、とある方法を無意識のうちに実行していた私は、それなりに売れているアイドルグループであればほぼ判別つくようになりました。

そもそも興味が持てないから覚えられない?

そんなことはありません。

メンバーのことをざっくりと知って覚えるだけなら、ガッチガチのアイドルオタクになる必要なんて一切ないです。

これまで、同じような人ばかりを集めているようにしか見えなかったあのグループ。

ホントは知らなかっただけで、実はエグいくらいの個性派集団だとわかったときの衝撃。

あなたの見える世界は、これまで以上にグッと広がって楽しくなりますよ。

基本はもちろんルックスから

まず最初にアイドルを見分けようとするとき、あなたは何をチェックしますか?

  • 顔や髪形(髪色)
  • メンバーの担当カラー

真っ先に目につくのは、もちろん見た目です。

ももいろクローバーZでんぱ組.incの活躍をきっかけに、最近のアイドルグループは大半が衣装で色分けしてくれています。

メンバーカラーがなかったとしても、特徴的な髪形や衣装だったりするとパッと見の区別はつきます。

でも、AKB48乃木坂46みたいに衣装やコンセプトまで統一されてるアイドルグループだったらどうでしょうか?

一気にワケわかんなくなりますよね。

髪形だっていつ変わるかわかりませんし、ルックスもある程度は整っているのでメチャクチャ個性的な顔だということはメッタにないです。

でも、アイドル側の方だって、大人数になればなるほど「メンバーの中で自分が埋もれること」を恐れています。

グループ同士だけじゃなく、当然グループ間でもアイドルたちは差別化に必死なんですよ。

じゃあ、いったいどうやったら違いがわかるの?

見た目に加えて、あなたなりの第一印象を付け加えていくとスムーズに覚えられるようになります。

第一印象を比較する

さっきも言ったとおり、今やアイドル側から個性を押し付けてくれるような地獄絵図状態です。

  • 妙に長くて見てる方が恥ずかしくなる自己紹介パフォーマンス
  • いろいろ詰め込みすぎて痛々しくも感じるキャッチフレーズ
  • ○○担当のようにオトナが勝手に決めたキャラクター付け

このへんなんか、メチャクチャわかりやすいですよね。

ほとんどの情報が公式ホームページやWikipediaなんかに公表されてますが、そんなのイチイチ見てられませんし時間のムダ。

ですが、ほんのわずかでも妙にアタマに残るフレーズや動作、見た目の印象ってありません?

ミュージックビデオや出演したバラエティ番組を何本か見ていると、メンバーのうち2~3人くらいは印象に残るはずです。

パッと見同じような感じに見えたとしても、少なからず気になるメンバーが出てきます。

プラスでもマイナスでもいいので、とにかく印象に残るメンバーを見つけてみましょう。

特に気になった1人から掘り下げる

・・・といっても、ぼんやり見てるだけじゃわかりにくいですよね。

そんなときは、以下の5要素を意識して特にキョーレツだったところをピックアップすると探しやすいです。

1.ルックス

2.歌・ダンス

3.しゃべり方

4.お笑い要素

5.意外性

5つすべて決めなければいけないというわけではなく、上記のうち2~3つ引っかかったところがあれば十分です。

すると、「黒髪ロングだけどメチャクチャ無口」みたいな感じであなたなりのキャッチフレーズが一瞬でできあがります。

飛び抜けて1つの要素が強い場合は1つだけでも大丈夫ですし、そもそも意識しなくても一瞬で覚えられますよね。

たとえば、先日BiSからGANG PARADEに復帰したカミヤサキ

※カミヤサキ公式Twitterより引用

アイドルなのにガチの坊主。強い。

「ルックス」と「意外性」のポイントがぶっ飛んでいるため、比較的容易に覚えられるパターンです。

ちなみに、私の彼女に対する第一印象は「キレイな新庄剛志」だったので、当然真っ先に覚えました。

・・・お願いします、こっちに向かって石投げないでください。

(こんなこと言ってますが、私もギャンパレではカミヤサキ推しです。しかも同い年)

WACKグループのアイドルは全体的に見た目のキャラが強すぎて覚えやすいので、特にアイドル初心者にはオススメできます。

坊主のカミヤサキ以外にも、歌唱力抜群の白塗りお笑い担当の長身メガネ盗聴と読書が趣味の作家とかキャラが大渋滞してるので楽しいですよ。

BiSH流・孤独との向き合い方。モモコグミカンパニー著「目を合わせるということ」

 

とはいえ、一気に全員を覚えようとするのはムリなので、まずは特別気になったメンバー1人だけでも把握してみましょう。

1人覚えたら次は2人目、3人目・・・と、最終的には消去法でもかまいません。

すると、あらどうでしょう。

いつの間にか、あなたも興味を持ちはじめていませんか?

最初は、たった1人からでいいんです。

少しずつ掘り下げていくうちに、気付いたらメンバー全員覚えちゃっています。

AKB及び坂系のような大型グループは?

5人前後のアイドルグループであれば、上記の方法で十分覚えられるでしょう。

しかし、AKB48や乃木坂46のような数百人レベルの大型グループの場合、数日で全員を覚えるというのはさすがにムリです。

そもそもグループ間でのメンバーシャッフル等で入れ替わりが激しいので、最初のうちはよくテレビに出てる主要メンバーから知っていけば問題ありません。

AKB及び坂系グループはそれぞれ地上波で冠バラエティ番組を持っているので、その番組をたまーにチェックすれば1回の放送で2~3人くらいは覚えられます。

乃木坂46や欅坂46に関しては私もさほどハマっていないものの、番組を観てるうちに数十人くらいは勝手に覚えていました

主要グループに関しては全国ネットでのレギュラー番組を持っているのに対し、SKE48等の地域派生グループは各活動拠点でローカルのレギュラー番組を複数持っているような形となっています。

  • AKB48:「AKBINGO!」(日本テレビ系列・毎週木曜24:29~24:59)
  • 乃木坂46:「乃木坂工事中」(テレビ東京系列・毎週日曜24:00~24:30)
  • 欅坂46:「欅って、書けない?」(テレビ東京系列・毎週日曜24:35~25:05)

こうやって挙げてみると、他のアイドルグループに比べてテレビで見る機会は圧倒的に多いですね。

BiSHをはじめとするWACKグループに至っては、そもそもレギュラーの冠番組を持っていないのでマジでもったいない。

でんぱ組.incは、グループ単位でのレギュラー出演こそBS朝日の冠番組「でんぱの神神」くらいですが、メンバー個々のスキルを活かして単発で地上波に出演することは割とよくあります。

メンバーの個性が突き抜けていると、意外なところで仕事につながってくるのがアイドルのおもしろいところです。

宇宙一生き様がカッコ良いアイドル。でんぱ組.incの楽曲を聴くだけで泣ける2つの理由

他に地上波で冠レギュラー番組を持っているアイドルグループも、ももいろクローバーZ(ももクロChan/テレビ朝日系列)とハロプロ(The Girls Live/テレビ東京系列)くらいしかありません。

圧倒的なメディア露出を誇るという点において、AKBグループ・坂系グループはかなりのアドバンテージを持っています。

バラエティ番組なので、メンバーそれぞれのキャラクターが注目されやすくて勝手に覚えていけますよ。

個性がわかると理解が深まる

実際私はこれらの方法を無意識に行っていたので、新しくブレークしたアイドルグループでもいつの間にか覚えていっていました。

  1. まずは見た目で判別
  2. 第一印象で差をつけて気になった1人から掘り下げ
  3. ぼんやりと観察していれば大人数でも自然にキャラがわかる

不登校だった10年前こそモー娘。や℃-uteのライブによく行っていましたが、最近のアイドル現場事情に関してはほとんど知りません。

(あれだけファンを公言しているWACKグループも、実はまだライブに行ったことがないのです)

そんな在宅ライトファンな私であっても、この手法で人気アイドルグループのメンバーはほぼほぼ覚えられました。

そして実はコレ、今回はアイドルを覚えるためにという理由で紹介しましたが、純粋に「人を覚える方法」としても有効なんです。

パッと見だけでは、相手の内面や他人と違いを理解するのは難しいですよね。

相手に関する事前情報が少なくても、自分から知ろうと積極的になれれば自然とアタマに入ってきます。

それが赤の他人のアイドルだとしても、どんな人だろう?と知っていく段階で勝手に親しみを持てるんです。

「どこにでもいるフツーの人」だと思っていたあの人のことを知っていくうちに、「実は個性的で面白い人」と気付いたときの衝撃。

あなたの見える世界は、これまで以上にグッと広がって楽しくなりますよ。

一億総モブ化社会に屈しない!弱点を最強の武器にする方法

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。