音楽コラム

ネタが新鮮!日本の誇る名曲揃いのお寿司ソングBEST3

こんにちは、よしみ(@saltrice1225)です。

日本の誇る究極の食文化、「お寿司」

我が国を代表する文化だけあって、「お寿司」に関する楽曲が数多く制作されています。

古くはシブがき隊の「スシ食いねェ!」から始まり、近年ではモーニング娘。が人気回転寿司チェーン店「くら寿司」とコラボした企画シングル「あっぱれ回転ずし!」などが代表的ですよね。

しかし、「お寿司」をテーマにしているだけあって、やはりファミリー向けの「ネタ」曲感が否めません。

もちろん、店舗内のBGMとして流したりする目的で制作された楽曲であることが多いため、万人ウケしなければならず楽曲の目指す方向としては当然正しいと思います。

そんな中でも、「普段も聴ける」カッコ良い寿司ソングは存在しています。

この記事では、よしみの選ぶ「日本のカッコ良い寿司ソングBEST3」を紹介します。

GANG PARADE「とろいくらうに食べたい」

この曲のために今回の記事を書いてます。

現在人気急上昇中の「BiSH」と同じWACK所属の7人組グループである「GANG PARADE」

あの名物社長でおなじみ、人気回転寿司チェーン店「すしざんまい」と2018年にコラボした楽曲です。

従来の企業コラボ型寿司ソングと違い、GANG PARADEが持つ激しいエレクトロサウンドのクールさを活かした楽曲です。

しかも、しっかりとお寿司のことだけを歌うことにより、最先端の寿司ソングを実現しています。

WACKグループではおなじみの松隈ケンタ氏ではなく、ヨウタ颶風(ハリケーン)氏という方が作曲のクレジットに載っていますが、詳細は不明。

しかも、MV後半のメンバー出演シーンが違和感なくガッツリとすしざんまいの宣伝になっているところも斬新です。

ギャンパレとすしざんまいが見事なまでの相乗効果を生み出しており、このコラボ楽曲に賭ける本気度合いが伝わってきます。

2018年3月11日まで期間限定で、オリジナルメニューの提供やポストカードの配布等、渋谷のすしざんまい3店舗にてキャンペーンも行っていました。

※現在はキャンペーン終了しております

この「とろいくらうに食べたい」は、GANG PARADE最新シングルBREAKING THE ROADのC/Wとして収録。

私の推しているアヤ・エイトプリンスがこのシングルを最後に「BiS」へ移籍するため、現メンバー編成のラストシングルとなります。

ORANGE RANGE「SUSHI食べたいfeat.ソイソース」

かつて「上海ハニー」や「花」、「ロコローション」等数多くの大ヒット楽曲を生み出し2000年代前半の音楽界を盛り上げた「ORANGE RANGE」が、2015年に発表した楽曲です。

リリース直後にMVがかなり話題になったため、ご存知の方も多いでしょう。

平成初期の粗悪な文化を芸術に昇華することでおなじみの映像制作ユニット「AC部」がMVを制作しており、かなり中毒性の強いMVとなっています。

人気アニメ「ポプテピピック」でも「ボブデミミッミ」というコーナーを制作しており、AC部の表現するブレない狂気の世界観が改めて評価を上げています。

楽曲自体もこのクセが強すぎるMVに負けておらず、ただひたすら「SUSHI食べたい」という一貫したメッセージ性をもって完結しています。

敢えて古臭い80年代風のエレクトロサウンドを取り入れることでMVと合わせて中毒性の相乗効果がエグイです。

また、この「SUSHI食べたい」は、ORANGE RANGEのライブでもかなり盛り上がるキラーチューンとなっています。

私も以前ライブで「SUSHI食べたい」を観る機会がありましたが、ラストサビ前の「へいらっしゃい!」で巻き起こるフロアの高揚感が尋常じゃなかったです。

今のORANGE RANGEは、ライブもスゴかった。

ふぇのたす「すしですし」

軽快かつ作り込まれたテクノサウンドにボーカル・みこの甘い歌声が映える3人組ユニット、「ふぇのたす」が2014年に発表した楽曲。

先に紹介した2楽曲とは打って変わって、クールなサウンドというよりは明るくポップな寿司ソングになっています。

使用されているワードも「すしすしすし、シャリなくてさしみ」等、しっかり寿司ネタを絡めつつも、ワードの意味と音を上手くリンクさせたかなり綿密な楽曲構成を実現しています。

一見意味のなさそうな寿司ワードに見せかけて、スムーズに楽曲が頭に入ってくる仕掛けが多数ちりばめられている非常に高度な楽曲です。

「すしですし」以外にも、GUとコラボし実際に店舗でも流れていた「いい感じ!~どれにしようかな~」等、ひたすらかわいいテクノポップ楽曲を数多くリリースしていたふぇのたす。

しかし、2015年メジャーデビュー決定直後、メンバーの急逝により残念ながら解散してしまいました。

現在、元メンバーのヤマモトショウは他アーティストのプロデュースや楽曲提供、みこはソロプロジェクト「SHE IS SUMMER」としてそれぞれ新しい道で活躍をしています。

音楽とお寿司の共通点

今回、「カッコ良い寿司ソング」として個人的に好きな3曲を紹介しました。

3曲とも、「エレクトロサウンド」という点が共通していたところに面白さを感じています。

鮮度が命であることを前提に、懐かし要素も積極的に取り入れていくことによる複合的なアイディア、馴染みのあるワードから生み出す親しみやすさ、これらのポイントにおいて日本の音楽シーンとお寿司の関係性は非常にリンクしていると言えるでしょう。

以上、音楽とお寿司を愛するよしみ(@saltrice1225)がお届けしました(‘ω’)ノ

宇宙一生き様がカッコ良いアイドル。でんぱ組.incの楽曲を聴くだけで泣ける2つの理由

【パンクロック2.0】ヤバイTシャツ屋さんという革命

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。